西遊記〈2〉金角銀角のひょうたん (決定版!大型絵本)

著者 : 唐亜明
制作 : 于 大武 
  • 偕成社 (2006年3月1日発売)
3.13
  • (0)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :28
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033035208

作品紹介・あらすじ

三蔵法師によって五行山からすくいだされた孫悟空は、三蔵法師とともに西天までお経をとりにいく旅にでる。ゆくてをさえぎる魔物、金角銀角兄弟とのたたかい。小学生から。

西遊記〈2〉金角銀角のひょうたん (決定版!大型絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西遊記の一冊目がいい感じだったので、続けてよむ。

    「決定版!大型絵本 西遊記」全三冊のうちの二冊目。
    五百年のあいだ山に閉じこめられた孫悟空を救ったのは、西天へ向かう三蔵法師だった。孫悟空は恩義を感じ三蔵法師の弟子にしてもらうが、道中、金角と銀角に狙われ……。

    沙悟浄がカッパじゃない!、和尚姿だ!
    金角と銀角が三蔵法師の料理法を考えている場面、私たち人間が高級牛肉の美味しい食べ方を考えているのと同じじゃないか……。
    魔物アイテム「紅ひょうたん」と「緑の玉びん」、これまた名あてのおはなし。
    孫悟空がひょうたんにすいこまれる場面のあたり、顔がおもしろすぎる。
    下ネタも子どもにうけるけれど下品にならないラインだ。
    「やいやい」が懐かしい。

  • 三蔵法師、猪八戒、沙悟浄、觔斗雲、

  •  岩波文庫の小野忍訳の2巻目で、やっと三蔵法師が出てきて、猪八戒も出てきた。

  • 14分
    大き目の絵本
    スタンドでも良い
    シリーズもの

  • 有名な金角銀角との戦い
    孫悟空の知恵と戦闘(?)シーンが楽しめるお話です。

  • 三蔵法師の馬、沙悟浄、猪八戒の話が、さらっと飛ばされた・・・

  • 紙芝居の先入観があったので絵のイメージがちがって入りこめなかった

全7件中 1 - 7件を表示

唐亜明の作品

西遊記〈2〉金角銀角のひょうたん (決定版!大型絵本)はこんな本です

ツイートする