のんびりオウムガイとせっかちアンモナイト

著者 :
  • 偕成社
3.50
  • (1)
  • (9)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033121505

作品紹介・あらすじ

大昔の海に生きていたアンモナイトってしってる?うずまきもようの石、みたことがあるでしょ?いまは絶滅してしまったので化石でしか、みることはできないよ。アンモナイトは、うずをまいたカラをもっていたけど貝のなかまじゃないんだ。イカやタコのなかまだったんだ。でもね、じつはいまも深海で生き続けているアンモナイトのなかまがいるよ。それは、オウムガイ!たいへんふしぎな関係にあるアンモナイトとオウムガイの話。さあ、はじめるよ。5歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アンモナイトがどういうふうに化石になったか分かったので、面白かった。自然が好きな子にはオススメしたい。ぼくは自然が大好き。

  • オウムガイとアンモナイト。
    似ている2つの生き物の話。
    アンモナイトが絶滅して、オウムガイが生き続けている謎が解けます。

  •  絶滅したアンモナイトよりもオウムガイの方がずっと昔から生きていた。では、どうしてアンモナイトは滅び、オウムガイは今も生き続けているのか?オウムガイとアンモナイトの進化の話。

  • オウムガイの進化についてよくわかる。アンモナイトよりも古いのにはびっくり。ほしい。

  • 化石好きな子供なら、面白い絵本。
    興味がなけりゃつまんないお話かな?
    分かりやすく進化について説明してあります。

  • オウムガイがのんびりじゃなく、人間がせっかち。

  • 物語ではなく、歴史の流れが書いてあって、子どもにはちょっと難しいor長いかな?

  • すっごくわかりやすかった。
    でもって、トロいってのもわるくないかも。な〜んて思えたし。

  • 0911『自然とかがくの絵本総解説』より

全11件中 1 - 10件を表示

三輪一雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
馬場 のぼる
マージェリィ・W...
ユージーン トリ...
長谷川 義史
佐々木 マキ
有効な右矢印 無効な右矢印

のんびりオウムガイとせっかちアンモナイトに関連する談話室の質問

ツイートする