あひるのバーバちゃん (創作こども文庫( 2))

著者 :
制作 : 山脇 百合子 
  • 偕成社
3.72
  • (18)
  • (24)
  • (39)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 224
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033130200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イチゴが食べたくなりました。ポッケに入るヒヨコたちも可愛いし、いちごをぜんぶ食べちゃうのも可愛い。

  • あひるのバーバちゃんが買い物にでかけます。スーパーでたくさんのポケットがついたリュックサックを買って、おいしいものをいっぱい詰めて帰る途中、迷子のひよこたちにであいました。
    お家におくってあげようとリュックに入れてあげたのですが、ひよこたちはおんぶして重いと悪いからと、クッキーも苺も食べてしまって、軽くなったでしょう?とおおいばり。
    気のいい奥さん風のバーバちゃんの、のどかな春の一日のおはなし。

  • 懐かしい。小さい時によく読んでもらったし、自分でも繰り返し読んだ記憶が。
    バーバちゃんがとってもチャーミングで好き。

  • ポケットがたくさんついたリュックサックに大満足のバーバちゃんがとてもかわいらしいです。

  • 図書館で借りてきた本。
    ハヅキ(3歳1か月)には少し難しかったかな?
    読んでいて、ほのぼのして先が気になる本でした。

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • たくさんのポケットの付いたズボンから
    沢山のポケットの付いたリュックサックを買って
    ポケットに子供たちを入れたり…

  • パパが読み聞かせ。
    たくさんポケットがあると楽しいし、便利。
    畑仕事用に色んな道具をぶら下げる、ベルトみたいなあれ、欲しいなあ。

  • 子どもが好きだった話

  • 5~6がつの はれた ひが にあう えほん。
    のほほん と した きぶんになるよ。
    こんな まちに すんでみたい なあ。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1924年福岡県生まれ。文化学院文学部卒業。詩人・児童文学者。少女時代を樺太(今のサハリン)ですごす。日本児童文学者協会賞、日本童謡賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化大賞などを受賞多数。作品に『くまの子ウーフ』(ポプラ社)『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)『はけたよはけたよ』『あひるのバーバちゃん』(以上、偕成社)『たまごのあかちゃん』(福音館書店)など作品多数。

「2014年 『やさいのともだち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神沢利子の作品

あひるのバーバちゃん (創作こども文庫( 2))を本棚に登録しているひと

ツイートする