あひるのバーバちゃん (創作こども文庫( 2))

著者 :
  • 偕成社
3.65
  • (24)
  • (31)
  • (54)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 637
感想 : 33
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033130200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たばこを吸う男の人シーンあり

    たくさんのポケットがついたリュックサックに入れたのは買ったものだけではなく、まいごのひよこも入れてあげることに

  • ピクニックしたいな。バーベキューチキンがたべたい。(母…あひるとのバーベキューで?!)

  • りゅっくさっくのぽけっとのなかのいちごがひよこにたべられたけど、あひるがくっきーをやいてくれたのがよかったねとおもった。
    *図書館で借りた本

  • 推薦図書の定番
    バーバちゃんが買い物に行くほのぼのしたお話。読んだ後はポケットがいっぱいのリュックが買いたくなるのはお約束。

  • 人の良いおばちゃん感?があるけど子持ちではなさそうなバーバちゃんが可愛い。
    親でもこどもでも年寄りでもない主人公って絵本の世界では珍しい気がする。

  • 子供が大好きそうなおはなし。

  • イチゴが食べたくなりました。ポッケに入るヒヨコたちも可愛いし、いちごをぜんぶ食べちゃうのも可愛い。

  • あひるのバーバちゃんが買い物にでかけます。スーパーでたくさんのポケットがついたリュックサックを買って、おいしいものをいっぱい詰めて帰る途中、迷子のひよこたちにであいました。
    お家におくってあげようとリュックに入れてあげたのですが、ひよこたちはおんぶして重いと悪いからと、クッキーも苺も食べてしまって、軽くなったでしょう?とおおいばり。
    気のいい奥さん風のバーバちゃんの、のどかな春の一日のおはなし。

  • 懐かしい。小さい時によく読んでもらったし、自分でも繰り返し読んだ記憶が。
    バーバちゃんがとってもチャーミングで好き。

  • ポケットがたくさんついたリュックサックに大満足のバーバちゃんがとてもかわいらしいです。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

神沢利子 1924年、福岡に生まれる。子ども時代を北海道樺太で過ごす。文化学院文学部卒業。童話作品に『ちびっこカムのぼうけん』(理論社)『くまの子ウーフ』(ポプラ社)『銀のほのおの国』『流れのほとり』(福音館書店・日本児童文芸家協会賞)『神沢利子コレクションI~V』(あかね書房・巌谷小波文芸賞)など、絵本に『たまごのあかちゃん』『おばあさんのすぷーん』『ぽとんぽとんはなんのおと』『おっとせいおんど』『いいことってどんなこと』『えぞまつ』(以上福音館書店)など多数の作品がある。東京在住。

「2022年 『てんのくぎをうちにいった はりっこ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神沢利子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×