もりのゆうびんきょく (もりはおもしろランド( 1))

著者 : 舟崎靖子
  • 偕成社 (1977年11月1日発売)
3.50
  • (3)
  • (15)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :159
  • レビュー :13
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033131603

もりのゆうびんきょく (もりはおもしろランド( 1))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • もりはおもしろランドシリーズ1巻。

    ゆうびんきょくでは、はりねずみさんがひとりできりもりしています。局内をきれいに整えて、森のポストをまわって郵便を集め、郵便局に戻ってスタンプを押し、配達にでかけます。
    はりねずみさんの郵便カバンは、お弁当のカバンでもあります。
    そして、今日のお昼ごはんのサンドイッチを食べていて、大変なことになってしまった。サンドイッチと一緒に、手紙を食べてしまったのだ。残った手紙から`や`のつく動物さんに、手紙をだしていないかたずねて歩くことに・・・

    表紙をめくると森の地図があり、ほかのシリーズも読みたくなるなる!

  • 昔読んでもらった記憶あります。
    『や』からはじまる差出人を探す旅です。

  • はりねずみの郵便屋さん。
    手紙の内容や食べてしまった手紙に慌てる様子が楽しいです

  • もりのシリーズみたいです。ほんわか可愛らしい絵がすてき。

  • 図書館で同シリーズを目にしてかわいいなぁと思っていたので、借りた

    「もりはおもしろランド」の第一作
    森の郵便局員のはりねずみのおはなし

    規則的で小さく満ちたりた生活ーー身の回りを整えて、働いて、おいしいものを食べるーーそんな当たり前な一日は幸せだ
    ハプニングもまるく収まって、ぽかぽかする

  • 可愛い絵。

  • 郵便の流れ、お手紙というコンセプトを知ってほしくて読んでみました。わかったかなぁ~、反応はいまいちでした。また借りたいとおもいます。

  • まるで山羊の配達かい?

  • 『のこっているのは、ふうとうの うらの "や" とかかれたところだけ。はて "や" さんてだれでしょう。』

全13件中 1 - 10件を表示

舟崎靖子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
酒井 駒子
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

もりのゆうびんきょく (もりはおもしろランド( 1))に関連する談話室の質問

もりのゆうびんきょく (もりはおもしろランド( 1))に関連するまとめ

ツイートする