バーバちゃんのおきゃくさま (創作こども文庫(23))

  • 偕成社 (1980年1月1日発売)
3.82
  • (5)
  • (8)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033132303

バーバちゃんのおきゃくさま (創作こども文庫(23))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 創作絵本。
    あひるのバーバちゃんに、これからいいものをみせにいくと電話があった。バーバちゃんはお客様のためのいいものをかいにでかけた。こどもたちとけんけんぱや縄跳びをして遊びながらあるいていると、黄色い傘をさした女の子と会う。傘にはあひるとこりすの絵がついていてバーバちゃんととちゅうからついてきた子リスは大喜び。大きな風が吹いて3人は傘と一緒に舞い上がる。そして今度は一回転して川に落ち、傘を船にして流れていく。そのまま川は池に流れ込んでバーバちゃんの家までたどりつく。バーバちゃんはあわてておうちに駆け込んだけれど、お客さんはまだ来ていなかった。お客は実は女の子で、いいものは黄色い傘だった。バーバちゃんはいいものは自分がもらえると思っていたけれど、みせてもらって、のせてもらって満足。傘を干して、ビスケットで三人でお茶をした。
    カラーの可愛らしい水彩画。縦書きの文章で文字も大きく、自分で読む子どもにも読みやすい。

  • ええ!傘で空が飛べるの?と驚いていました。6歳。

全2件中 1 - 2件を表示

かんざわとしこの作品

バーバちゃんのおきゃくさま (創作こども文庫(23))はこんな本です

ツイートする