カタカナダイボウケン

著者 :
制作 : みやざき ひろかず 
  • 偕成社
4.24
  • (10)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (76ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033135700

作品紹介・あらすじ

らっちゃんは、カタカナをならいました。でも、ンとソ、ツとシなど、ときどき、どっちがどっちかわからなくなってしまうのです。ハラハラしているのは、カタカナたち。なんとかただしくかいてほしいとおもって…。「くっつきのもじ」「にたものどうし」「ホンノムシ」カタカナたちがだいかつやくする全三話を収録。6歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子どもが笑って読んでいた
    これでカタカナの書き方に気をつけるようになるかな??

  • 存在感にもいろいろある。

  • 「くっつきのもじ」・・・しりとりすると、「ン」はかわいそう。出てくると負けちゃうから、使ってもらえない。「ヲ」なんて、使ってももらえない。みんながしりとり遊びをはじめて、ヒマになった「ヲ」は金魚鉢の縁をあるいていて、落っこっちゃった!さて、どうする?
    「にたものどうし」・・・らっちゃんはカタカナを習いました。でも、夏休みの宿題の日記にはソとン、ツとシなど、ちょっと間違いが多いみたい。ハラハラしているのはカタカナたち。なんとか正しくならないかな?でも、入れ替わっちゃったら・・・。
    「ホンノムシ」・・・本が大好きならっちゃん。お母さんがらっちゃんはホンノムシね、と言ったので、文字たちは考えます。ホンノムシってどんな虫?

  • 本やノートに書かれた文字たちが夜の間にとびだして、
    ゆかいなだいぼうけんがはじまります。 
    カタカナの特徴をたっぷり楽しめる絵本です。

  • S太朗5歳8カ月で出会った本。ぼくも「ホンノムシ」になる!らしい♪

  • くっつきのもじ
    にたものどうし
    ホンノムシ

  • しりとりでつかわれない“ヲ”だって、
    大事な仲間なんですよ~。
    前作の「ひらがなだいぼうけん」は、椋鳩十児童文学賞を受賞。

  • 夜になると、らっちゃんのノートからカタカナたちが とびだしました。みんなで しりとりをしようというのです。でも「ヲ」はでばんがなくてつまりません。ブラブラさんぽをするうちに、すいそうの中に落っこちちゃった! さあ、ミンナデチカラヲアワセテタスケルぞ! きみのノートのカタカナたちも、もしかして?

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

長野県生まれ。学術書の出版社に勤務し、活字の不思議な世界を知る。「い、ち、も、く、さ、ん」で「第21回小さな童話大賞」大賞受賞(毎日新聞社、2004年)。『ひらがなだいぼうけん』(偕成社)で「第19回椋鳩十児童文学賞」受賞(2009年)。その他の作品に『あいうえおのせきがえ』『にげだした王さま』『とまれ、とまれ、とまれ!』『カアカアあひるとガアガアからす』「ゆかいなことば つたえあいましょうがっこう」シリーズ(いずれもくもん出版)、『カタカナだいぼうけん』『すうじだいぼうけん』『漢字だいぼうけん』(いずれも偕成社)がある。

「2017年 『すきなじかん きらいなじかん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮下すずかの作品

ツイートする