ポップアップ はらぺこあおむし

制作 : もりひさし 
  • 偕成社
4.30
  • (15)
  • (5)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 116
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (14ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033213002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界中で大人気の絵本。
    色彩豊かで小さなお子様はもちろん、大人にも非常に感じる所が多い作品だと思います。

    特に飛び出す絵本は見るだけではなく、触っても楽しいので視覚や触覚を大いに刺激されます。

    あと、CD付きもオススメです。
    歌って楽しくリズムも軽快で、毎日口ずさんでしまうかもしれません。

    勿論英語版もオススメです。
    私には子供がいるのですが、その子供が3歳の時に読み聞かせ、夜寝る前に必ず一緒に読んでおりました。

    子供は覚えも早く、英語でも直ぐに覚えて歌っていました。
    その光景は微笑ましいものがありましたね。

    あっCD付きは聴覚もですね。
    絵中に美味しい食べ物も出てくるので、それを想像しながら読むと五感全てフルにつかえますね(笑)

    プレゼント飛び出すしても喜ばれます。

    図書館にも殆ど置いてあるのではないかと思いますので、一度手にとって頂ければと思います。
    http://profile.livedoor.com/book_dokushonikki/

  • みんな大好きはらぺこあおむしのポップアップ版です。

    仕掛けのぶん、とても分厚くなっています。

    あまりに定番すぎて置くのをためらっていましたが、ポップアップの特別版なら…ということで一時期並べていました。

  • 『はらぺこあおむし』通常盤の素晴らしさはここでは特に触れずに、仕掛け絵本としてのよさをご紹介したいと思います(=^x^=) 同タイトルの"通常盤"と"しかけ版"がある場合、しかけ版が特に輝いていないかも、と感じる場合もありますが、このしかけ絵本は、通常盤とは一味違った"POP-UP"ならではのものすごいインパクトと迫力を放っています(=^x^=) なかでも個人的に木々文庫が気になるのは、さなぎのシーン。蝶になる前段階として、普段は少し静かに控えめな流れに思われるさなぎのシーンが、このPOP-UP絵本では、鮮やかな色彩が続く『はらぺこあおむし』の中で、茶一色に堂々した膨らみを帯び、たっぷりと存在感を放っているのがとても印象的!

    また、ほかのページごとのしかけ構造が素晴らしい!まだちいさなあおむしが関節をくねらせ歩く動きの精巧さと、大きく燦々と太陽が昇る動きがひと見開きに同居し、二層構造にて緻密なしかけが楽しめる贅沢な仕組みがあったり、立ち上がる瑞々しい果実の穴を、あおむしが食べ潜り動けるような、通常盤の穴あきをさらにパワーアップした仕組みがあったり、土曜のおいしいおやつの下から顔を出す腹痛あおむしのセリフまでPOP-UP仕掛けになっているなど、どの見開きをみても動くしかけの中で情景が一層楽しめる工夫に溢れ、最後まで決して見飽きることなく、心が躍るままに一冊が終わります。一見高価に思う価格帯も、あらためて一冊を通して開いてみれば、納得の2800円+tax。現行版の後は重版予定がないそうです。絵本博物館やしかけ絵本を強化的に扱う文庫さんなど、お買い逃しのないように〜!



  • ◆2歳8カ月

    はらぺこあおむしは様々なブックスタイルで販売されていますが、子供が飛びぬけて食いついたのがこのPOP-UP BOOK!

    はらぺこあおむしのお話自体は、うちの子はあまり大好き!!というほどではなかったのですが(気に入っている方ではありましたが)、この本はさらに集中して聞いていました。
    一緒に同じ学年の子10人と一緒に聞いていたのですが、みんな、次々現れる仕掛けに目をキラキラさせていました!

  • 京都女子大学図書館での請求番号は、「909.3/C18」です。

    ★2013年度11月テーマ「藤花祭・教室展示本Best5」★

    教室展示テーマ「世界のあれこれ」
    第1位(106票)

    小さなはらぺこあおむしが美しいちょうちょに成長していく姿を丁寧に描いた絵本です。どのページにも飛び出す仕掛けがあり、カラフルでワクワクします。あおむしが美味しそうな果物やお菓子をたくさん食べて、ぐんぐんと成長していく姿は、私たちに元気を与えてくれます。

  • it's pop up!すばらしい!

  • 図書館で借りるとポップアップが壊れている(^_^;)

  • 何度見ても鮮やかな色彩とその可愛さにときめいてしまう本。
    飽きがこなくて、ついつい何度も読み返してしまう!

  • 飛び出す絵本楽しいです

  • RUKAの大好きなはらぺこあおむし2冊目のポップアップ仕掛けえほん。

    はらぺこあおむしのお歌を歌いながら一緒に読んでいます。
    保育園でも先生が読んでくださるので、2歳4ヶ月のRUKAは
    お話のほとんどを暗記しています(笑)

    特に最後のちょうちょがとってもキレイで大好きです。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

ポップアップ はらぺこあおむしのその他の作品

はらぺこあおむし エリック=カール作 ハードカバー はらぺこあおむし エリック=カール作 エリック・カール
はらぺこあおむし (ミニエディション) ハードカバー はらぺこあおむし (ミニエディション) エリック・カール

エリック・カールの作品

ツイートする