たんじょうびの ふしぎなてがみ (エリック・カールの絵本)

制作 : もり ひさし 
  • 偕成社
3.76
  • (32)
  • (22)
  • (52)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 323
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033271002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 暗号の入った手紙からなぞ解きをしていくチム

    こどもとゆっくり 考えながら読むと楽しい1冊です。

    絵も自然の描写も秀逸。
    読み終わった後 答え合わせをしながらもう1度読み直したくなる本でした。

  • 図書館で借りてきた本。
    こういうプレゼントの渡しかたをしてみようかな?
    ちょっとしかけ絵本のようになっていて、プレゼントを見つけるのが楽しみになりました。

  • 不思議な手紙に書かれたとおりにページをめくっていくのがまるで主人公になった気持ちになれる、楽しい仕掛け絵本。

    最後にはサプライズ!

    ページを開けば毎日が誕生日のような気持ちになれます。

  • はらぺこあおむしで有名なエリック・カールの本。

    たんじょうびに記号(図形?)の入った謎の手紙をもらう。
    それにしたがって進んだ先にあったプレゼントは・・。

    コラージュも素敵だし、しかけ絵本だしとても楽しい♪

    これは誕生日に頂いた本なので、さらに嬉しかったです。

  • 手紙の内容を推理するのが楽しいです。

  • 物語にもしかけにも夢がある。そして愛がある。

  • んー、上手くできてるけど、繰返し読みたいと思えない

  • 暗号の文章で何かなぁと、思い、あっていた物は、3こ くらいで、ほとんどが間違っていて、 「へ--」とおもっています。                        エリック・カールさんの絵が上手で!{びっくり}     しました。                         

  • 子供の頃、大好きで何度も読みました。こんな風に冒険してワクワクして、誕生日プレゼントを貰いたいと思ってました。

  • 男の子チム、犬


    18年8月31日
    再読
    穴あき絵本、絵文字、記号
    男の子チム
    枕の下に不思議な手紙
    月が登ったら、一番明るい星の真下、石の向こう、洞穴入り口、出口穴、階段降りる、ドア、ハシゴ登る、犬のプレゼント

    家の周りをぐるっと回って家の中へ

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

エリック・カールの作品

たんじょうびの ふしぎなてがみ (エリック・カールの絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする