ちいさなヒッポ (世界の絵本)

制作 : うちだ りさこ 
  • 偕成社
3.76
  • (51)
  • (22)
  • (73)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 473
レビュー : 65
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784033272504

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • グァオ!
    かわいい版画絵本。
    親離れ子離れな話かと思いきや・・・
    すきだなぁ~こういうの。
    ママはいつでも一緒。ほっとするね。

  • いつもお母さんの側にいる子カバのヒッポ。
    お母さんは、ヒッポにカバの言葉を教えた。そして、「グァオ」がとても大切だと教えた。

    ある日、おとなたちが川の泥に埋まって寝ているときに、ヒッポは木の葉と遊ぶために、上の方へ行った。すると、助けを呼ぶ暇もなく、ワニに襲われてしまった。ヒッポは、「グァオ」と叫び、助けを求めると、それを聞き付けたお母さんが吠え、ワニをくわえて、放り投げた。

    ヒッポは助かったが、その晩、お母さんからどんな時でもグァオと叫ぶのだと叱られた。

    小さな子向けの防犯の本にもなりそう。
    版画の絵本。

  • [墨田区図書館]

  • お母さんになきかたをおそわるカバのヒッポ。
    ワニに襲われそうになったときは…?

  • かばのあかちゃんが危険な目にあいながらもお母さんに守られ成長していく姿がほほえましい絵本。

  • 仔カバがかわいい。

  • ワニに引きずり込まれそうになった時にお母さんが助けに来てくれて
    読んでいた息子もホッとしていました。

    いざという時に自分の身を守るために絶対に大切な事!は
    子供もきちんと理解できるまで何度も何度も教え込みたい
    と思いました。

  • おかあさーん!!!
    すごいいかついお母さんカバ!

    カバたちが水の中で昼寝してる絵はすごいシュールでした・・
    カバってこうやって寝るんだ・・!

    ひぐれにくさちへいって
    「よがあけるまで くさを たべつづけます」
    夜が明けるまで食べ続ける!!

    もうなんかいろいろ衝撃的でした。カバおもしろい

  • カバの子どもヒッポはお母さんから言葉を
    教えてもらっています。
    ある日自分だけで歩いていたら、
    ヒッポはワニにしっぽをかまれてしまいました。
    「グッ グッグァオ たすけて!」

  • 版画がなんとも不思議な色彩を引き出している。
    親子の絆が語られていて楽しい絵本です。

ツイートする