しりたがりのこひつじ

制作 : エリック カール  Arnold Sundgaard  Eric Carle  工藤 直子 
  • 偕成社
3.30
  • (3)
  • (4)
  • (26)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (23ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033274904

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いつもおかあさんといっしょの子ヒツジは、自由にひらひら飛んでいるちょうちょが不思議で仕方ありません。ちょうちょについて行き、「なんで?」「どうして?」と質問する子ヒツジ。やがてちょうちょは南にむかって飛び立ち、ヒツジはおかあさんのもとに帰ります。

    ちいさい頃に経験する「なんで?」「どうして?」
    そんなヒツジの子に、自由気ままに答えていくちょうちょ。2匹の掛け合いが、詩のように表現され、鮮やかな貼り絵に引き込まれます。
    ヒツジの毛皮の質感はエリック・カール氏ならではじゃないでしょうか

  • こひつじがひつじと出会う、お母さんは?住む場所は?といろいろ質問する、何にも囚われないちょうちょ、牧場から出て行くちょうちょに行かないでと言ったとき雨と風が吹いてちょうちょを吹き飛ばす、ずぶぬれになったちょうちょは羽を乾かしてから南に飛んで行く、ひつじのようにあったかい毛がないので

    エリック・カールの割には内容が難しいと思ったら文は別の人だった。

  • 「なんで?」「どうして?」を連発する娘に。
    こひつじの「どうして?」に付き合うチョウチョの絶妙な距離感が良かったです。

  • 2015年12月18日
     
    <THE LAMB AND THE BUTTERFLY>

  • ひつじがちょうちょにいろいろ質問します。自由なちょうちょの回答がなんともいえません。

  • 胎教で絵本読んでるけど、お腹が動きまくり。好きなのかな?

  • こひつじとちょうちょのかけあいのお花足。
    そばにいてほしいのにいてもらえない。

  • 『はらぺこあおむし』で有名なとっても素敵なエリック・カールの絵です。
    カラフルで表情がなくて、感性を、想像力を、かき立ててくれます。
    こんな絵の描き方、いつかやってみたいな☆

    ストーリーでは、自分とは違う世界や考え、想像もつかないこともあるけれど、みんなそれぞれに事情があるんだな・・・というような人間関係も重ね合わせて読んでしまいました。

  • ちょうちょさん、教えて。とこひつじは頼みます。ずっとここにいてと頼みます。

  • 世界的な人気絵本作家のエリック・カール氏のカラーコラージュ(貼り絵)が、鮮やかに映える「しりたがりのこひつじ」。
    「ねえ、どうしてなの?」「ねえねえ、なんで?」
    小さい頃は、本当にたくさんの「なぜ?」や「どうして?」を持っていたなあと、思います。・・・・    -くどうなおこ-

    むくむくのかあさんひつじのそばに、いつも いっしょのこひつじ。
    ある日、牧場の真ん中で、ひらひらとんでいるちょうちょにあいました。
    こひつじは、ちょうちょについていって、いろいろ聞いてみます。・・・

    親子で一緒に、ちょうちょとこひつじの会話を楽しみながら、
    エリック・カール氏の美しい自然を楽しんでほしい絵本です。

全12件中 1 - 10件を表示

アーノルド・サンドガードの作品

ツイートする