はなをほじほじ いいきもち

  • 偕成社
3.29
  • (2)
  • (9)
  • (20)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033277806

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

    この絵本は、点図が豊富に挿入されています。
    家族の人や先生と一緒にお楽しみください。

  • 中古購入
    ドイツの絵本

    ネットのおもしろ画像で
    初めてこの絵本の表紙を見た

    これは老若男女問わず笑顔になれるやつ!

    これは読まないわけにはいかない
    今の私は
    難しい本を読んで頭良くなるよりも
    これを読んで笑うことの方が重要
    さっそく下の子に見せたところ
    えー なんかやだー
    (゚Д゚)ハァ?

    なにを気取ってるんでしょうかこの子ども

    本当は読みたいくせに
    上の子に見せてみると
    これはヤバイね〜 とニヤニヤしている
    こんなの絶対にお父さん好きだからね!
    と 家の者に今読んでもらうことにした
    下の子凄い笑顔で絵本を持っていく(笑)
    2人ともやっぱり終始ニヤニヤしてた

    ゆるっぽい絵なのだが
    鼻をほじってはいけない理由の挿絵が
    けっこう豪快で
    そんなバカなと笑えるのだが
    ゾウのお母さんの考えた理由が凄すぎ
    これは絶対やらないと誓うわ(笑)
    一応私も母親をやってまして
    人前では汚いからほじってほしくないので
    お母さんたちの気持ちも分からなくはない

  • [墨田区図書館]

    買い物前に図書館に寄ったら、「本を読んでいる」というのでしばらく放置している間に読んだという一冊。
    また、このような題名から(笑)でもこの本、幸せの絵本登録されていたんだ???確かに脇からななめよみした時には、ほんわかした絵と雰囲気でお話が進んでいたけれど、その良さを感じながら読めたのかな?ただ、楽しくほじほじ感を味わっていたのかしら??

  • おもしろすぎるやろー(・ω・`)

  • タイトルからしていい笑

  • 象くんもねずみくんも鼻を気持ちよさそうにほじっているのに、カエルくんはお母さんが駄目と言っていたのでほじらないようにしていた。
    そこでカエルくんのお母さんにどうして鼻をほじってはいけないのかを聞くと、指が鼻の穴に挟まって抜けなくなってしまうからだとか。
    ねずみくんのお母さんに聞きに行くと、鼻はほじってはいけないのだとか。
    鼻をほじりすぎると鼻が真っ赤に腫れ上がってしまうらしい。
    象くんのお母さんにも聞きにいくと、鼻をほじると鼻が折れて取れてしまうのだとか。
    もう鼻はほじらないようにしようと思う3匹。
    ところが、丘の上に行くとカエルくんのおじいさん、象くんのおじいさん、ねずみくんのおばあさんが気持ちよさそうに鼻をほじっている。
    鼻をほじっても指が抜けなくなったり、赤く腫れたり、折れたりしないんだ、と分かった3匹は思いっきり鼻をほじる。
    今までで一番気持ちよく鼻をほじれた。


    小さい子はよく鼻をほじるけれど、やっぱりそういうときは汚いので駄目だと言ってしまう。
    子どもたちも駄目だと分かっているけれど、ついほじってしまうのだろう。

    鼻をほじったら気持ちいいのにな、というのが小さい子は共感出来るのかも知れない。

  • 読み聞かせボランティアのおばちゃんが好むような
    説教じみたお話は嫌いなんですが、
    この本はどーでもいー話の展開に好感が持てます。
    なにせ鼻をほじる話ですし。

  • はなをほじほじは悪いことじゃないんだよってお話・・・・。
    絵やストーリーがかわいく表現されてます。

  • 絵の色使いがきれいです♪
    こどもってよく鼻をほじるけど、大人がそれをやめさせようと、いろいろ脅しますが、結局大人もほじっているのが見つかってしまうという(笑)
    ほんわかしたお話です。

  • ぞうくん、カエルくん、ねずみちゃんが、鼻をほじほじしていると、お母さんから怒られちゃいました。
    ぞうくんは、鼻がおれちゃうよ、
    カエルくんは、指が抜けなくなっちゃうよって。

    それって本当かなぁ~・・・

    三匹は、それぞれのおじいちゃんに聞きに行くことにしました。

    すると・・・・

全13件中 1 - 10件を表示

ダニエラクロート‐フリッシュの作品

ツイートする
×