いたずら王子バートラム

制作 : Arnold Lobel  ゆもと かずみ 
  • 偕成社
3.50
  • (4)
  • (10)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033278902

作品紹介・あらすじ

バートラム王子は、すごくわるい子です。いたずらばかりしていたら、ある日とうとう、おこったまじょに、りゅうにされてしまいました…!『ふたりはともだち』のアーノルド・ローベルが、自分のおじいさんとおばあさんにささげた物語。いたずらっ子の王子と、まわりのおとなたちが、愛情をこめてえがかれています。4歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 悪い子のバートラム王子はみんなに意地悪して嫌われてる。黒い鳥と思ってパチンコを当てたら魔女で、ちいさなりゅうにされてしまう。
    みんなの笑いものになったバートラムは外へ。動物達には脅かされ、バートラムは一人ぼっち。雪の中を歩いていくと魔女が凍ってて、、、

    雪が出てくるので、冬がいいかも。
    絵は紫を基調とした感じで、ローベルのおしゃれな絵柄。かわいい
    9:45

  • いじわる王子はある日魔女に竜の姿に変えられてしましました。。。

  • 「手に負えないいたずらをするから罰として…」
    という流れ等、人物の心の動きと行動は同感しかねます。
    オチもインパクトなし。

    絵や雰囲気はきらいじゃない。

  • いたずらがすぎて
    魔女にドラゴンに変えられて
    改心する

  • パチンコの命中率いいよね。
    どうして動物たちは意地悪なんだろ、クッキー取り上げたりしてさ。とりもバカにしたりして、火で焼かれるかもよ。
    最後の「おやすみ、バート。元気でね」がけっこうすき。(S8)

  • 2011年度  2年生

  • 絵も内容もキュートだと思った。面白い。

  • *いたずら好きの王子は、ある日魔女にちょっかいをかけたが、おしおきの魔法で竜の姿にされてしまう*
    目つきの悪いこの王子は、いたずらっ子というよりいじめっ子なワルガキ。気ままにいたずらを繰り返しますが、竜の姿になり疎まれることによって、いじめられっ子の気持ちがわかりました。
    王道の展開だけど、だから良いと思います。
    作者のアーノルド・ローベルは『がまくんとかえるくん』シリーズを書いた方です。教科書にも載っていたような気が…。

  • なんといっても、この絵が好き。
    いたずらが過ぎるけれど、憎めない王子。
    「ふたりはともだち」のアーノルド ローベルの作品。

  • いたずら、というだけで息子に読んであげたくなりました。
    案の定食いついてきました(笑)いたずらっこがよい子になります(^^)

全11件中 1 - 10件を表示

アーノルド・ローベルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
ユージーン トリ...
マージェリィ・W...
トミー=アンゲラ...
アーノルド ロー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする