ゆっくりがいっぱい!

制作 : Eric Carle  くどう なおこ 
  • 偕成社
3.47
  • (14)
  • (14)
  • (48)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 201
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033279008

作品紹介・あらすじ

なんでいつもいそいでいるんだろう?はやくはやくはやく!ってばたばたあわててしごと、ちょこちょこゲームにむちゅうそしていそげやいそげ!パチンときりかえ!テレビをみたりファストフードたべたり-。みんなぼくらにいうんだきびきびやれ!いそげ!じかんがなくなるぞ!ふみつけていけ!こんなんじゃ、ともだちといっしょに、ゆうひをみたりよぞらのほしをみあげたり-なんてするひまがないよああ-ほんのすこしでもいいから-。ものしずかなナマケモノからなにかをかんじとってくれたらなあ。ゆっくりのんびりおっとりとえだをつたって、ほんのすこしたべ、たくさんねむり、ものしずかにへいわにいきるナマケモノのすがたから。3・4歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なまけもののお話。4分から。セリフがゆーっくり読むところがよい。絵もキレイで文字も少なく調整がきく

  • 朝から晩までナマケモノくんはのんびり、ホエザル、ワニ、アリクイ、ジャガーにそれぞれ、なんてそんなにゆっくり、のんびり、おっとり、なまてけるのか聞かれる、怠けているのてはなくゆっくりがいっぱいなのだと思う

  • ゆっくりのんびりおっとりと、でいいんだなと感じさせてくれる本。エリックカールの絵の色の鮮やかさがまたとてもいい。たくさんの生き物が登場するが、子どもはそのたくさんの生き物の名前が気になるようで、これは?これは?と興味津々で聞いていた。

  • ナマケモノをはじめ、ジャングルに住まう生き物たちが生き生きと描写される。ナマケモノの毛の間の溝に生えた藻の緑、雨に滲んだようなアナコンダの斑紋の群青、鎧と鎧の合間に差し込むアルマジロの水色、バクの毛やワニの鱗にこっそり混じる桃色と、色彩がいちいち素晴らしいのだけど、ジャングルに雨が降るページは特に良い。揺れる葉と花、走るペッカリー、跳ねるヤドクガエル、吹きつける白と緑の雨、平面的でありながら奥行きを感じさせる。

  • 4-03-327900-8 25p 2003・9・? 初版1刷

  • ・人図書館にて。
    ・9ヶ月時。
    ・大型本。
    ・マイペースのなまけものからじわじわと学ぶ人生論。これを読んで泣いちゃう大人もたくさんいると思う。小さいときに読んでもそのときはワカラナイかもしれないけど、心のどっかに置いててほしいなあ。

  • なんでそんなにゆっくりなんだい?なんでそんなにのんびりなんだい?
    なんでそんなにおっとりなんだい?自分の中の<ゆっくり>を見つけたい人にオススメです。(はま)

  • ゆっくり のんびり おっとりしたナマケモノくんの魅力がいっぱいつまっています。

  • 2013.7.3 1-2

  • 児童館に置いてあったので読んだ本。

    ゆっくりのんびり、どーんと構えているなまけものくんを私も見習いたい。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

エリック・カールの作品

ゆっくりがいっぱい!を本棚に登録しているひと

ツイートする