ねぼすけはとどけい

制作 : Louis Slobodkin  くりやがわ けいこ 
  • 偕成社
3.73
  • (9)
  • (14)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 100
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033279909

作品紹介・あらすじ

小さな村のとけいやさんに、たくさんのはとどけいがかざってありました。とけいが一じかんごとに鳴るたびに、はとが「ポッポー」ととびだします。村の子どもたちは、そんなはとどけいをみるのを、まいにち楽しみにしていました。そのなかに、一わだけ、いつもおくれて鳴くはとがいたのです…。ちょっとまのぬけたはとどけいをめぐる、小さなとけいやの老主人と子どもたちのほのぼのとした心の通いあい。ユーモアに満ちたあたたかいお話です。5・6歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • スイスの鳩時計、ゆっくりした感じがいいね〜

  • 2014年3月4日

    <THE LATE CUCKOO>
      
    装幀/湯浅レイ子(ar inc.)

  • いつもおくれて鳴くはとどけいのはなし

    ねぼすけなのだー
    ほほえまー

  • ねぼすけはとどけいのはとがかわいい。

  • どうしても、他の時計より1分遅れて出てくる鳩時計がありました。ある日、王様がやって来て、全部がきっちり同じ時間に鳴るようにしなければならなくなった時計屋さん。その時計屋さんが必ず遅れて出てくるハトの為にしたこととは?そして、お話の結末にホッとします。

  • 時計は正確なのに1つだけハトが遅れてでてくる理由がとてもユーモラスです。

  • 123個の鳩時計がいっせいに鳴る音が聞こえてくるよう。ただひとつ、きまって遅れて出てくる鳩時計があるのです。その理由とは…
    イラストの色合いが優しくで好きです。

  • 村のひとたちは、もう一分よけいに待ちます。
    鳩時計のひみつ。
    ルビーもすてきでございますが・・・。

  • 小さな村の小さな時計屋さんには、
    はとどけいがいっぱい。

    みんな一斉に「ポッポー」と鳴くはずが、
    一羽だけいつも遅れて出てくる。

    お金持ちの王様が、すべてを買うと言いますが、
    一羽の遅れに気づいて・・・。

    「ねぼすけ」が正確に鳴くようになった秘密は、
    おじいさんとこどもたち、と読者のもの。

    文章量が多いので、年長児さん向けです。

  • スイスの小さな村の時計屋さんの壁には、ずらっと123個のハト時計がに並んでいます。
    みんな時間通りにハトが出てきて鳴くのに、一つだけいつも遅れて出てくるハトがあったのです。
    ねぼすけのハトはどうしてねぼすけなのか、どうやったらねぼうしないのか、おじいさんが村の子ども達が言ったことをひとつひとつ試していくと・・・!!
    微笑ましいお話で最後は、あ~良かったと思える絵本です。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アメリカのニューヨークに生まれる。美術大学を卒業後、彫刻家となったが、エスティスの「モファットきょうだい」シリーズに挿絵を描いたのをきっかけに、子どもの本を手がけるようになる。『たくさんのおつきさま』(徳間書店)でコルデコット賞を受賞。『てぶくろがいっぱい』(偕成社)、『さかさ町』『百まいのドレス』(岩波書店)、『おうさまのくつ』『カルペパー一家のおはなし』(瑞雲舎)など多数ある。

「2018年 『ふたごのカウボーイ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・スロボドキンの作品

ツイートする