はらぺこあおむし

  • 偕成社
4.11
  • (1016)
  • (454)
  • (716)
  • (16)
  • (9)
本棚登録 : 7737
レビュー : 760
  • Amazon.co.jp ・本 (25ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033280103

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 食いつき度 ★★★★

    娘と一緒に読みながら遊んでいます。
    YouTubeにて、はらぺこあおむしの歌とアニメーションをとても気に入り、後日買ってきたこの絵本にも愛着があるようです。

    このイラストを見るだけで、私はノスタルジックな感情が湧いてきます。読み継がれる作品は、こうして自分の子供に読み聞かせることで、大人にとって更に深みを増すということを実感しています。

  • 実は、原書の初版は日本で印刷・製本された!『はらぺこあおむし』日本語版が刊行45周年 | ほんのひきだし
    https://hon-hikidashi.jp/enjoy/126561/

    • kurumicookiesさん
      猫丸さん、
      そんなふうに子供とは違った、大人の視点でみる絵本もまた素敵ですね!
      猫丸さん、
      そんなふうに子供とは違った、大人の視点でみる絵本もまた素敵ですね!
      2021/03/23
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      kurumicookiesさん
      絵が好きで、お話が好きな人は、絵本を読むべき!
      kurumicookiesさん
      絵が好きで、お話が好きな人は、絵本を読むべき!
      2021/03/24
    • kurumicookiesさん
      猫丸さん、
      本当!絵が好きで、お話がすきな人は読むべきですね 笑(納得!)
      猫丸さん、
      本当!絵が好きで、お話がすきな人は読むべきですね 笑(納得!)
      2021/03/24
  • 言わずもがな、あの、あおむしの絵本。
    しかけあり。穴あけパンチで開けたような穴が、果物にあいていて、あおむしが食べたように見える。簡単で直感的な、分かりやすいしかけなので、赤ちゃんに近い頃から、見て触って楽しめると思います。
    世界的に有名なのは理由があると思いました。

  • 卵から孵化した青虫が、色々な物を食べていく絵本です。
    起承転結がはっきりしていて読みやすく、大人も綺麗な絵を楽しめます。
    これからも読み継がれていく一冊。

  • 日曜日のあたたかい朝、たまごから青虫がでてきました。
    はらぺこな青虫は、毎日少しずついろいろなものを食べて成長していきます。
    おいしそうな食べ物には、ちゃんと青虫が食べた形跡も残されています。
    色合いや仕掛けにも楽しめる絵本です。
     
     対象:幼 <5・6月テーマ>

  • 子供の頃から好きな絵本。

    青虫がお腹いっぱい食べて蝶に成長するお話。

    鮮やかな色彩と筆のタッチを活かした色面が
    とても素敵で大人になった今でも充分楽しめます。

    インテリアとして飾っていて時々眺めています。

    子供が出来たら見せてあげたい一冊です。

  •  言わずと知れた,定番絵本。
     子どもに読み聞かせをするときに必ず挙げられる本なのでは。

     たまごからうまれた,ちっぽけなあおむしは,げつようびにりんご,かようびになし,と,いろんなものをどんどん食べていきます。はらぺこなあおむしは,あまりにも食べすぎておなかがいたくなってしまったのですが……。

     ストーリーはまっすぐで小さい子どもにもよくわかります。
     また,絵本の色合いがとにかく鮮やかできれい。
     きれいだなあ,明るい色だなあ,っていうのが小さな子どもの成長に,とっても大切なんだなあと実感できます。
     それから,絵本のページが,果物1つずつずれた裁ち方になっていて,5種類の果物がならんできれいに見えているのと,りんごやなしやすももに穴が空いているのとが,小さな子どもの心をがっちりつかみます。
     うちの姉妹は何回も何回も読んで,今うちにある「はらぺこあおむし」は手垢と謎のシミがついて残念な感じですが,それもまた子どもたちに愛された本の証拠なのでしょう。

     対象年齢は,0歳から。4か月検診のときの,ブックスタートにもよく使われる本のような気がします。
     お母さんが赤ちゃんを膝に抱っこして読んでやると,赤ちゃんは意味がわからなくても直感的に食い付いてきます。穴に指入れます。(笑)

  • 最後のページの蝶の羽が美しい。ページを閉じたり開いたりして、蝶を舞わせると娘も大喜び。

  • 青虫が可愛い。おなかもすいちゃいます。作者の色の使い方がまたいい。色々なことを考えてしまいます。子供のころには青虫の気分でしたが、今読むとまた違った感じ方ができる絵本です。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      アオムシ苦手な人も多いと思うけど、これはとっても可愛いね。
      エリック・カールの絵本では「うたが・みえる・きこえるよ」と「パパ、お月さまとって...
      アオムシ苦手な人も多いと思うけど、これはとっても可愛いね。
      エリック・カールの絵本では「うたが・みえる・きこえるよ」と「パパ、お月さまとって!」が結構好きです。
      2012/03/29
  • 卵から生まれたちっちゃなあおむし。
    毎日おいしいものを食べてどんどん成長します。
    絵に丸い穴が開いていて食べた跡になってるのがユニーク。
    食べ過ぎておなかをこわすのも人間みたいで面白いです。
    最後に蝶に変身!美しい色彩の絵本です。
     
    穴の開いているページに興味津々。指を入れて遊びます。(長女1歳5ヶ月)

全760件中 1 - 10件を表示

エリック=カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
A.トルストイ
エリック カール
モーリス・センダ...
トミー=アンゲラ...
にしまき かやこ
ばーじにあ・りー...
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

はらぺこあおむしを本棚に登録しているひと

ツイートする
×