パパ、お月さまとって!

  • 偕成社
3.99
  • (292)
  • (230)
  • (256)
  • (16)
  • (4)
本棚登録 : 3668
感想 : 291
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (43ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033282800

作品紹介・あらすじ

絵本『はらぺこあおむし』の作者カールさんは、絵本の魔術師といわれます。その明るくさわやかな貼り絵の世界は、見る人の心をとりこにしてしまいます。こんどは、絵本の画面が左右上下に開いて、広い広い空を絵本の世界にしてしまいました。「お月さまをとって!」と娘にせがまれたお父さんが、長い長いはしごをかけて月をとりにいくという優しさにあふれた絵本です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • コラージュ風の絵も素敵だし、何か所か折りたたまれ仕組みも面白い。パパがはしごを上って、娘のためにお月さまをとってくる話。娘のためなら何でもやっちゃうぞーてか。

  • エリックカールのしかけ絵本。さりげなく月の満ち欠けの話もあり。子供のおねだりで本当に月を取ってくれるパパが素敵。夜の青色がとてもキレイです。

  • お月さまを欲しがる人は、いろいろいますが、モニカのパパは、丁寧にお月さまにお願いして来ていただくという方法を採りました。盗む人のお話もありますから、ここは私の気に入ったポイントでしたよ。

  • 小児科にて
    海外の絵本

    読んだのはだいぶ前なのだけど
    登録し忘れてたことを思い出した
    お月様にハシゴをかけるなんて
    やりたくてもやれないことを叶えてくれる
    期待? あこがれ? のようなものを感じ
    読む前から顔がゆるむ

    しかけ絵本だと知らずに読んだので
    縦横に開いて見る広がりのある展開に
    親子で心の中で声をあげた
    (下の子もそんな顔をしていたので)
    最後はどうなるのか
    私もわくわくしてしまった
    大きな紙に描くのではなく
    開いて付け足すというような見せ方が
    とてもいいなと思ったと同時に
    開いたりする仕掛けを
    なんとなくやっていただけだったなと思った
    大人になってから改めて絵本を読んで
    良かったな
    私は鈍いから
    やっとわかることが多い

  • エリック・カール画は、色が本当にあざやかで、赤ちゃんが最初に目にする絵本としては最適な一冊だと思う。
    代表的なものとして、はらぺこあおむしがありますが…。その他にもたくさん。

    この本は、大きくて見やすく、しかけもあって楽しめます。

    最近では、パパさんが積極的に子育てしてくれるようですが、私の時代は読み聞かせ事態も悲しいかな、あまり浸透してなかったように思う。

    今は、親子で図書館を利用している方いますね。
    ぜひぜひ、パパさんたちも一緒に読んであげてほしい一冊です。(押しつけではありません)

    一緒に楽しんでほしいと思う本です。

    ただし、しかけを破く可能性大ですよ。図書館で借りるなら注意が必要ですね。

  • 児童館で子供に読み聞かせました。
    私も子供の頃読み聞かせてもらって懐かしい気持ちになりました。

  • 絵本『はらぺこあおむし』の作者カールさんは、絵本の魔術師といわれます。その明るくさわやかな貼り絵の世界は、見る人の心をとりこにしてしまいます。こんどは、絵本の画面が左右上下に開いて、広い広い空を絵本の世界にしてしまいました。「お月さまをとって!」と娘にせがまれたお父さんが、長い長いはしごをかけて月をとりにいくという優しさにあふれた絵本です。(Amazon紹介より)

    ほっこりする絵本です。娘のためにたかーい山とながーい梯子を上り下りするお父さん、「小さくなったら連れて行ってくれていいですよ」と気さくなお月さま。世界は寛容さと優しさが大事だと思いました。

  • エリックカールの中でも特に好きな絵本◎
    長ーいはしごにおっきなお月さま。
    読み聞かせの時、子どもたちの目はきらっきらしてます。

  • お月さん、パパ取れるのかな?どうなるのかな。。!?

    そんな期待とドキドキを感じながら結末を楽しみに、今日もこれ読んで!と
    幼きわたしは父に懇願していたほろ甘い記憶が詰まった絵本。

    子どもの感性や想像力をぐんぐん育てて絵本を楽しむ心を掴んで離さないエリック・カールさん。
    いままでも、いまもわたしにとって永遠の想像の翼のような方。

    名作は時を経ても色褪せずに愛され続ける。

    ベストセラーの一冊と呼ばれることに納得の絵とストーリー。

    子どもたちみんなの感想が気になる!ブックサンタは楽しみに拝読します。

    (作品情報:https://www.amazon.co.jp/dp/4033282807?th=1&psc=1&linkCode=ll1&tag=honnoakari-22&linkId=491428435d992345fb2658e025fe8955&language=ja_JP&ref_=as_li_ss_tl

  • 仕掛けが楽しい!ドキドキしながら仕掛けを広げると...大きなお月さまにわくわく。

全291件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1929年6月25日、アメリカニューヨーク州生まれ。1967年、『くまさん くまさん なにみてるの?』(ビル・マーチン/文)で絵本作家デビュー。1969年の『はらぺこあおむし』以降、さまざまなしかけを施した作品を発表。また、舞台美術や立体作品など絵本以外の活動も行う。2003年、ローラ・インガルス・ワイルダー賞受賞。著書に『はらぺこあおむし』『パパ、お月さまとって!』『10このちいさな おもちゃのあひる』『えをかくかくかく』など多数。

「2021年 『エリック・カールのはらぺこあおむしスクラッチアート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

エリック・カールの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×