パパ、お月さまとって!

制作 : もり ひさし 
  • 偕成社 (1986年12月1日発売)
3.93
  • (185)
  • (133)
  • (204)
  • (7)
  • (2)
  • 本棚登録 :1287
  • レビュー :183
  • Amazon.co.jp ・本 (43ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033282800

パパ、お月さまとって!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 小児科にて
    海外の絵本

    読んだのはだいぶ前なのだけど
    登録し忘れてたことを思い出した
    お月様にハシゴをかけるなんて
    やりたくてもやれないことを叶えてくれる
    期待? あこがれ? のようなものを感じ
    読む前から顔がゆるむ

    しかけ絵本だと知らずに読んだので
    縦横に開いて見る広がりのある展開に
    親子で心の中で声をあげた
    (そんな顔をしていたので)
    最後はどうなるのか
    私もわくわくしてしまった
    大きな紙に描くのではなく
    開いて付け足すというような見せ方が
    とてもいいなと思ったと同時に
    開いたりする仕掛けを
    なんとなくやっていただけだったなと思った
    大人になってから改めて絵本を読んで
    良かったな
    私は鈍いから
    やっとわかることが多い

  • エリックカールの中でも特に好きな絵本◎
    長ーいはしごにおっきなお月さま。
    読み聞かせの時、子どもたちの目はきらっきらしてます。

  • 実娘が3~4歳の頃、月を見てパパに言った言葉がきっかけとのこと。上下左右に折込加工、印刷・製本的にも凝った^^インパクトある一冊。朔望でそこまで大きさ変わる?は野暮なつっこみか…(^_^)

  • 毎日月を見ながら歩いていたある日、娘が「お月様昨日より大きいね。きっと雲をいっぱい食べちゃったんじゃない?」と言った。
    月に興味がある娘に読み聞かせたい。

    月に届くハシゴは旧約聖書の話みたい。

  • Papa,please get the moon for me!
    モニカのお願いでパパがお月様を取りに行きます。
    しんとした印象の美しく静かな絵。
    大判の絵本だからこその迫力。
    芸術の素晴らしさが子供に伝わる一冊だと思います。

  • 図書館にて。
    お父さんにお月さまをとってきてもらう話。月の満ち欠けのことも書かれていて、読んだ後はお月さまに興味深々でした。

  • 2012.9.5 1-1
    ------------------------
    2014.6.4 1-3

  • お月さまに興味を示しはじめた頃に購入しました。スケールの大きいお話が巧みなしかけで表現されています。ストーリー◎ 絵◎。
    1歳後半~

  • 膝の上で読めるサイズの絵本の中が壮大なことになってる。ありえないだろ~、ってことをかいてくれる絵本が好き。

  • 開いてびっくり、しかけ絵本。
    とてもよくできています。
    この本を読んでから、お月さまを見ると
    「パパ、お月さまとって!」
    と言うりょうたんでした。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「と言うりょうたんでした。」
      そう言われた時に、お父さんはどうされるのでしょうか?
      2013/01/15
    • mai-hinaさん
      「じゃあ、ハシゴ探さなくちゃな!」
      と2人で長いハシゴを探していました。
      可愛いね。
      2013/01/21
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「長いハシゴを」
      探しに行ける、お父さん素敵です!
      2013/01/23
全183件中 1 - 10件を表示

エリック・カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
A.トルストイ
なかの ひろたか
なかがわ りえこ
トミー=アンゲラ...
ヘレン・バンナー...
有効な右矢印 無効な右矢印

パパ、お月さまとって!に関連する談話室の質問

パパ、お月さまとって!に関連するまとめ

パパ、お月さまとって!を本棚に登録しているひと

ツイートする