三びきのくま

制作 : ウラジミル レーベデフ  内田 莉莎子 
  • 偕成社 (1989年1月発売)
3.60
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
  • 28人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033282909

三びきのくまの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵の熊が容赦なく怖いのも、女の子がにこりともしないのも良い。熊の家に飾ってあるハンティングトロフィーが、さりげなく壊した猟銃で作ってあるのも面白い。

  • この本はくまが本当にくまらしく描かれていて(でもくまの家のカーテンやお茶碗の柄もくまが入っていたり愛らしい部分も強くて)、背景などもとても綺麗で私も好きです。
    初めて借りてきた時から気にいってくれて、何度も読みましたが、今回も早速借りてきた初日の夜に読むと決めました。女の子がくまに見つかって逃げるのを「どうして?」と言う娘。まだ、くまが怖い動物という感覚がないからかな?
    雑炊を食べた日に、できあがった雑炊を取り分けていると「これ、くまさんのやつ?」と、絵本の世界に入り込んでいました。

  • 三匹のくまはいろいろなパターンがあるのだけど、原作になるべく忠実なものがないかなーお思ってみつけました。
    熊が怖い感じだけどかわいい、みたいなのも気に入りました。
    女の子もかわいい。
    でも、食べて壊して寝て逃げる、みたいな、この話はいつも不思議だなー

  •  これトルストイだったのね……。

     人間の女の子が、熊に(結果的に)悪さをする、という話は、子どものころのわたしにとってとても意外なものだった。人間本位で語られる童話が多い中、動物の家族に人間が迷惑をかけているというのが。

  • おんなのこがみちにまよったとき、いっけんの家があって、
    おんなのこはそこがくまのいえだとおもわずに入ってしまうのがおもしろかったです。
    はらはらどきどきなのでぜひ読んでください。

  • 090620

  • トルストイ原作・レーベデフ絵のもの。不法侵入、無銭飲食、器物破損の話です。

全8件中 1 - 8件を表示

レフ・トルストイの作品

ツイートする