ごちゃまぜカメレオン (ミニエディション)

制作 : Eric Carle  八木田 宜子 
  • 偕成社
3.67
  • (13)
  • (7)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 113
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (29ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033290805

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 持ち運びに便利な手帖サイズ。ストーリー?は無いかんじだけど、視覚的に面白いので、子どもには受けが良かった。

  • GWに古本市で英語版を見かけて思い出しました。
    小学生の頃、国語の授業で絵本作りの授業があって、参考にした絵本。

    自分にないものを欲するのは人間の性ですかね。
    でも、自分にないものを吸収するのではなく、
    外付けし続けたカメレオンは結局。。。

  • ある日、動物園に行ったカメレオンは、
    色とりどりの美しい動物たちを見て、
    いろんな願いが湧いてきました。
    「北極グマみたいに大きくて灰色だったらいいののになぁ。」
    「フラミンゴみたいにかっこよかったらいいのになあ。」
    「キツネみたいにスマートになれたらいいのになあ。」
    フラミンゴみたいな足や翼、きつねのしっぽ・・・・
    とうとう、カメレオンは、
    まるでコラージュみたいにごちゃまぜの姿になってしましました。
    カメレオンは、カメレオンのままで十分素敵なのにね。

    あなたは、あなたのままで、とても素敵なんですよ。
    そんなメッセージがこめられてると思います。
    大好きな絵本です。

  • どんどんカラフルにそしておもしろい姿に変身していくカメレオンに、子どもたちは次は?次は?と楽しんでみてくれました。

  • 実は、妹が好きだった本。子ども達は、びっくりしていたけれど。。。色彩感覚豊かな本。

  • エリックカール氏は大好き!

  • カメレオンがどんどんまざって凄いことになっていく。それが子供のツボに入るらしい。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

ごちゃまぜカメレオン (ミニエディション)のその他の作品

エリック・カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
A.トルストイ
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする