うたが みえる きこえるよ

制作 : もり ひさし 
  • 偕成社
3.68
  • (6)
  • (2)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (33ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033291505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目で愉しむ本。色合いが何ともいえない。

  • 私は悲しいと楽しいの中間な感覚になりました きっとまた何年後かにみたら違うふうに感じる また何年後に

  • 友達からもらった本。
    心に残るなにかがありました。

    言葉がないのと、絵も説明的でないので、自分の物語が浮かびあがってくる。
    チョコチョコ開く本になりそう。

  • みなさん!わたしにはうたがみえます。音楽がえがけます。色も聞こえます。さあ!あなたも耳をすませ、絵本のなかのうたをみてごらんなさい。色の使い方はさすがエリック・カールというか。一回目はストーリー性はないと思ってたけど、よく見てみるとひとつの流れになっている。全体的に抽象的な絵が多い分、途中の顔がなんかなぁ。エリック・カール氏はモーツァルトにのせて見せるそうです。2008/11/17

  • 着想がすばらしい絵本ですね!感激しました。
    物語が文字で語られているのではなく、絵だけの絵本です。
    読み手のイマジネーションにゆだねられてます。

    子供の創造力を引き出すのに、こういう文字のない絵本は格好の材料になりそうです。

    著者エリックカールは、モーツァルトのバイオリンコンチェルトK63を題材に描いたそうで。。。
    そんなこと言われると、モーツァルト聞きたくなります(^^)

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

エリック・カール(Eric Carle) 
1929年、アメリカのニューヨーク州生まれの絵本作家。西ドイツで育ち、シュトゥットガルト造形美術大学で学んだ。1952年にアメリカに戻り、グラフィックデザイナーとして活躍後、1968年『1、2、3どうぶつえんへ』を発表し、ボローニャ国際児童図書展グラフィック大賞を受賞。
1969年『はらぺこあおむし』でアメリカ・グラフィックアート協会賞を受賞、60ヶ国語に翻訳され、全世界で累計3000万部超の一大ベストセラーとなった。

うたが みえる きこえるよのその他の作品

うたが みえる きこえるよ 単行本 うたが みえる きこえるよ エリック・カール

エリック・カールの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石井 桃子
モーリス・センダ...
なかの ひろたか
A.トルストイ
エリック カール
三浦 太郎
トミー=アンゲラ...
シェル・シルヴァ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする