わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)

著者 :
制作 : 五味 太郎 
  • 偕成社
3.83
  • (62)
  • (58)
  • (90)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 567
レビュー : 78
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033303307

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 虫歯のわにくん勇気を出して歯医者さんへ。わにさんも歯医者さんも相手を見てどきっ!

    絵本内のわにさんと歯医者さんの台詞は全部同じです。

    歯医者さんもわにさんも「覚悟は出来た!」と治療台に乗りますが、治療中のわにさん「いたい!」とうっかり歯医者さんに噛み付き歯医者さんも「いたい!」

    同じ台詞なのに心情は違う。それを子供も絵や展開で理解します。これはお見事、これは面白い、いや五味太郎さんすごいです。

    全国の歯医者さんにぜひ常備していただきたい。

  • 治療を受ける側、する側両方を描いた作品。
    大人の私はなるほど〜うまいなぁ!と思いながらテンポよく読めたけど、5歳になる息子は治療受けるワニさん側でしか状況受け止められなかったようでお医者さんがなぜおうむ返しにするのか理解しきれなかった様子。
    いくつくらいになったら、おおーなるほど!って思うようになるのか。また折を見て試してみたい。

  • 虫歯になったわにが歯医者に出かけます。
    歯医者とわにが会ってお互いに「どきっ」とするところから笑ってしまいます。
    治療中手をかまれた歯医者が「いたっ」、治療が痛いわにが「いたっ」。
    同じ言葉でわにと歯医者の気持ちがうまく表されています。
    絵もなんともいえないいい味を出しています。

  • 歯医者さんとワニ、双方の気持ちを描いたお話ですが、息子としては治療を受けるワニ側のドキドキ感に共感している様子でした。シンプルな言葉を繰り返す構成も気に入ったようで何度も読まされました。(3歳10ヶ月)

  • 11か月、一歳

    わにさんと、はいしゃさん両方から、同じ言葉で、気持ちを表している。まだはいしゃさんに行ったことがないからわからないかもしれないが、「いたい、いたい」というところで
    びっくりした表情をする。「ほっ、ほっ」のところでは、よかったぁという表情をする。はみがきの大事さは伝わっているかなぁ。

  • H30.2.28 20分放課

  • 幼稚園貸し出し

    患者のワニと歯医者さんが同じセリフを言う
    でも相手には違うニュアンスで伝わっている
    五味太郎さんは相変わらず天才
    これは大人も楽しい!

  • わにさんと歯医者さんのそれぞれの気持ちはおんなじ。読み聞かせのとき声色を相当変えないとつたわっていなさそう。

    だから、はみがきはみがき。
    C8793

  • ワニ側と歯医者さん側と、
    それぞれの立場から
    出る言葉、

    おんなじ言葉なのに
    全く意味が違うところが楽しい。

  • わたしが小さいころ、この絵本を読んでしっかり歯を磨こうと思いました。わにさんと歯医者さんの両者のセリフが同じという点が面白いと思います

全78件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

五味 太郎(ごみ たろう)
1945年、東京都生まれの絵本作家。桑沢デザイン研究所ID科卒業。絵本を中心とした創作活動を続け、400冊を超える作品を発表。海外でも50数種類の本が翻訳され、10数カ国で出版されている。『かくしたのだあれ』『たべたのだあれ』でサンケイ児童出版文化賞、『仔牛の春』でボローニャ国際絵本原画 展賞、エッセイ『ときどきの少年』で路傍の石文学賞など受賞。『きんぎょがにげた』『さる・る・る・る』『ことわざ絵本』など、ミリオンセラー多数。

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)に関連するまとめ

わにさんどきっ はいしゃさんどきっ (五味太郎の絵本)を本棚に登録しているひと

ツイートする