ゆっくりにっこり

著者 :
  • 偕成社
3.32
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 80
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (22ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033306803

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • みんな ゆっくりと お引越し♪

  • いつも引越ししているのは誰かな?
    そんなのいるかな?
    赤ちゃんを連れて引っ越ししているのは誰かな?
    などなど、色々なお引越しのなぞなぞ。
    最後にアヤメちゃんはゆっくりにっこり、友達のいる小学校へお引越し。

    答えは、蟻、カンガルー、かたつむり、進級、進学…。

    蟻はエサを巣に運んでいるだけで引っ越しだとは思わないけれど…。
    赤ちゃんを袋に入れているだけで、カンガルーも…。

    タイトルは最後の方に出て来る文章から。
    タイトルからは進学に絡めたなぞなぞの絵本とは思いつかない。
    最近の本かと思いきや95年発行ともう、20年近く前の本だった。

  • ひっこしについての疑問(なぞなぞ)にアヤメちゃんが考えます。
    どの答えもとてもかわいらしいです。

  • あなたの家では、なぞなぞ楽しんでますか?
    いつも ひっこしをしてるのはだれかな?
    だれかな だれかな? そんなひっこしあるかなあ?
    リズムのいい文章を楽しんでくださいね。
    コスモスえんのアヤメちゃんもゆっくり にっこり
    あたらしい おともだちのいるところへひっこし ひっこし

    来春、一年生になるお子さんへのプレゼントに最適です♪

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

木島始 1928~2004。京都府生まれ。詩人。東京大学英文科卒業。『〔新〕木島始詩集』(土曜美術社出版販売)、『遊星ひとつ』(筑摩書房)など著書多数。翻訳では絵本に『ゆきのひ』『ピーターのいす』(以上偕成社)『はなをくんくん』『まりーちゃんとおおあめ』、童話に『おやゆびちーちゃん』、児童文学に『ジャングル・ブック』(以上福音館書店)などがある。晩年は内外の友人たちとともに四行連詩を楽しんでいて、連詩集に『近づく湧泉 第Ⅱ集』(土曜美術社出版販売)がある。

「2021年 『かえるのごほうび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木島始の作品

ツイートする
×