のはらのテレビジョン

著者 : 五味太郎
  • 偕成社 (1996年9月1日発売)
3.63
  • (1)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033307206

のはらのテレビジョンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で借りてきた本。何が起きても冷静なおじさん。
    不思議な感じがする本でした。

  • 淡々とした雰囲気のおじさん、なんかカッコいいぞ

  • テンポがよく、謎めいていて面白い。5歳の息子でもわかりやすく楽しく読めた。繰り返し読みたくなるお話。

  • のはらとテレビというミスマッチな組み合わせの不思議な感覚が

    最後まで続き、独特なおもしろさのある絵本です。



    特に僕との会話の中のほとんどが繰り返しのおじさんが

    とっても不思議で、絵本を読み進めているうちに

    とってもクセになる感覚があります。



    さすが五味さん!!という感じでしょうか。

  • 図書館で借りました。

     絵本。野原に白い帽子をかぶったおじさんがいて、テレビを見ている。
     テレビからはライオンが飛び出てきたり、魚が出てきたり。
     やがて「ボク」のお母さんが映ってボクを呼ぶので家に帰り、お父さんも帰っている家族の夕食時にその話をすると、「うちもそんなテレビにしましょうよ」とママが言う。

     テレビにママが映り、主人公は家に帰る。
     その夕食の時、背後のテレビにあのおじさんの姿が映っている。
     なんとなく勘ぐりたくなる。
     どちらが映像だったのか(笑)

全5件中 1 - 5件を表示

のはらのテレビジョンのその他の作品

のはらのテレビジョンの詳細を見る 単行本 のはらのテレビジョン 五味太郎

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
なかがわ りえこ
長谷川 義史
ヴェルナー ホル...
中村 牧江
A.トルストイ
有効な右矢印 無効な右矢印

のはらのテレビジョンはこんな本です

ツイートする