海をかっとばせ

著者 :
制作 : 杉浦 範茂 
  • 偕成社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033307909

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 文と絵に 引き込まれていきます!

  • ワタルは、野球チームの補欠。
    試合に出たいワタルは、海での早朝特訓に出かけます。
    砂浜で素振りの練習を始めた時、見知らぬ男の子がやってきて、付き合ってくれるというのですが・・・・

    海からやってきた不思議な少年とワタルのすてきな交流物語。
    真剣に、波から向かってくる白いボールを追うワタル。声をかけて応援してくれる波の子たち。
    動きのある波、美しい空と海の色。
    見どころいっぱいの青春絵本です。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1937年東京生まれ。瀬戸内海の能美島で育つ。京都大学文学部仏文科卒業。児童書編集を経て、1970年に「かいぞくオネション」発表。以後、幼年童話から長編作品、絵本の翻訳などで活躍。「海のしろうま」(野間児童文芸賞)「はんぶんちょうだい」(小学館文学賞)「ねずみのでんしゃ」「ふとんかいすいよく」「メロンのメロディー」「海のコウモリ」(赤い鳥文学賞)「カモメの家」(日本児童文学者協会賞・路傍の石文学賞)、翻訳に「おばけのバーバパパ」や「カロリーヌ」シリーズなどがある。

山下明生の作品

ツイートする