ぎょうざのひ (日本の絵本)

  • 偕成社
3.27
  • (2)
  • (6)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 77
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033309002

作品紹介・あらすじ

きょうだけははやくかえるの。だってきょうはぎょうざのひ。「ゆか、けん、はじめるよ!」4・5歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぎょうざ好きの娘は気に入ったみたい。

  • 子供のころの記憶が蘇る名作。餃子の日、たしかに実家にあった。その頃感じたワクワク感を十分に表現されている。

  • 餃子の絵本ー!!と子どもは興味津々。色々な形の包み方が絵で描いてあって、楽しかった。御飯や遊びの前に読むと、その後の遊びにも取り入れることができそうなので、いいかも・・・?

  • 楽しげにぎょうざを作る様子にこんな日があるのっていいなって思いました。
    餃子が食べたくなります。

  • ぎょうざって 作るの時間がかかるけど 美味しい~分かる♪この気持ち♪

  • 餃子を中心に過ごす家族団らんの描写が親しみやすいです。

  • ちょうど「ギョウザ」を分かってきた、2歳半の頃に読みました。たまーにお手伝いをさせていたせいか、この本を読んだ後のギョウザを作る時、2回目くらいまで包むのを手伝ってくれて嬉しいやら困ったやらでした。

  • p22・23のぎょうざが、ほんとに、ほんとに、おいしそー。
    部屋のすみずみまで見ると、昭和〜な感じがただよっていて、なかなか楽しい。

  • 2005/12/12 めぐちゃん 

  • Diary:2004/12/18
    食卓を囲む、あったかな空気。作る楽しさ、食べる喜び、そこにはもちろん家族の笑顔。

全12件中 1 - 10件を表示

プロフィール

福井県生まれ。ディスプレイデザインの仕事を経て、絵本作家に。主な作品に、『しゃもじいさん』『おならおばけ』『まあちゃんとりすのふゆじたく』『かたつむりくん』、「どろろんびょういん」シリーズなど。

「2017年 『3びきのおばけ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

かとうまふみの作品

ツイートする