よるくま

著者 :
  • 偕成社
4.05
  • (425)
  • (221)
  • (336)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 2233
レビュー : 323
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033312309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • よるくまがかわゆくて愛しくなります。

    お母さんが帰ってこない、と不安そうにやってきたよるくま。
    おとこのこは玄関先でぎゅうと抱き締めて、よるくまをかけがえのない、ただひとつの、守りたい存在だと実感する。
    「かわいかったよ、だきしめたらわかったんだ」
    おかあさんさがしの旅にでるふたり。
    けれども探しても探してもみつかりません。
    ついには泣き出すよるくま。
    その涙は真っ黒で絵本の画面全体を黒く塗りつぶしてしまいます。
    そこにひとつの流れ星が飛んできて...。

    おとこのこのお母さんは昼間忙しく働いていて、おとこのこも普段よるくまのような思いをしているのかな。それを彼なりになんとか咀嚼しようとしてるのかな、と思いました。よるくま=おとこのこ?(妄)

    思い出すのは、‘よるくま’のぬくもりと‘よるくまのお母さん’の頼もしさ。どんなに悲しんでいてもさびしくても、お母さんが助けに来てくれる!...おとなになるとその思いが切なく、苦しく感じるのですが。

    作者は酒井駒子さん。
    『金曜日の砂糖ちゃん』とは絵のタッチが違うのにびっくり。どちらも好きです。

  • 新品購入
    シリーズもの

    有名なのでずっと気になっていて
    あえて先に読まずに
    下の子と読むのを楽しみにしていた
    なのに読んだことあるからと下の子が言う
    幼稚園にあるのか聞くとないと言う
    じゃあ本屋さんのクリスマスコーナーで
    同じシリーズのものを見たんじゃない?
    でもこれ似てるけど違うからと言っても
    なんだか読みたがらない
    やっとこさ読む気になってくれたかと思ったら
    よるくまが怖いというのだ
    なんでこんなかわいいクマが怖いの???
    幼稚園年長なのに怖がりなので
    よるくまが泣いて黒い涙を流し
    周りも暗くなるシーンが怖いんだって
    その後のお母さんくまとのシーンで
    安心できたみたいだけど
    イヤイヤ話を聞いてた感じで
    感想なんてない むしろ怖いからもういい
    そんな感じでガクリ↓
    私的にはかわいくてかわいくて
    親子でキャッキャウフフな展開になれるかと
    内心盛り上がってたんだけどなぁ(笑)
    こんなかわいい絵でも怖いって思うんだなぁ
    もう少し大きくなってからまた読んでみよう

    よるくまの体の色が
    全体は夜みたいに暗い色で
    胸のところだけお月様のように明るい色
    っていうのが好き
    ツキノワグマって実際は怖いんだろうけど
    三日月みたいなあの白い部分が
    私も小さい時からかわいいなって思ってた
    ぬいぐるみがあったら欲しいな

    • えほんのむしさん
      まっき〜♪さん、初めまして!
      こちらもいいね!をたくさんありがとうございます♪
      まっき〜♪さんのレビューを見ていると、家族で絵本を楽しん...
      まっき〜♪さん、初めまして!
      こちらもいいね!をたくさんありがとうございます♪
      まっき〜♪さんのレビューを見ていると、家族で絵本を楽しんでいるのが伝わってきて、こちらも笑顔になってしまいます。
      旦那さんもとてもステキな方ですね!
      うちでは「お父さんはちゃんと絵本を読んでくれない」と言われてしまってます(^_^;
      下の子がもう少し成長したら、また『よるくま』にチャレンジをしてみたいと思います。
      年齢によって感想が変わるのも、本の醍醐味かもしれません。
      よるくまぬいぐるみが発売されているか検索したところ、未発売なので手作りされてる方が何人かいました。
      私は手作りに憧れはあるものの、不器用なので作れそうにありません。
      どうか発売されますように(>_<)
      2018/02/18
    • 5552さん
      えほんのむしさん、おはようございます。

      『よるくま』祖母の付き添いで言った病院の待合室に置かれていました。
      「なんだか聞いたことのあるタイ...
      えほんのむしさん、おはようございます。

      『よるくま』祖母の付き添いで言った病院の待合室に置かれていました。
      「なんだか聞いたことのあるタイトル...ようし、読んでみよう」と手に取ったら、とても素敵な絵本でした♪
      えほんのむしさんがレビューを書かれていてそれを拝見させてもらっていたのですね。
      本との出会いのきっかけをありがとうございました(^-^)

      えほんのむしさんのレビューの中で、娘さんがよるくまが泣くシーンを怖いと言って嫌がったと書かれていて、子供さんの感性ってなんて繊細で鋭いんだろう、と目を開かされる思いでした。

      お母さんがいないという、とてつもない不安感が表された絵の衝撃を、ダイレクトに、感覚的に受け取ってしまうのですね。たぶん。
      そういう恐れの感覚って成長するにつれ’慣れていく‘ような気がするのですが(夜中にひとりでトイレに行けるようになるように)、感じている頃も貴重だと思いました。
      子供さんを不安にさせる酒井さんの画力も心底すごいと思います。

      わたしには子供がいないので、自分の過去を思い出しての感想ですけれど...。

      ぬいぐるみじゃないけれど、全身真っ黒で胸元に白い月模様という猫と昔暮らしていましたよ!
      その思い出とも相まって、忘れがたい絵本になりました。

      2018/06/17
    • えほんのむしさん
      5552さん、おはようございます♪
      病院の待合室に『よるくま』があるなんて、なんてステキな病院なんでしょう!
      うちの近所の病院は古いとこ...
      5552さん、おはようございます♪
      病院の待合室に『よるくま』があるなんて、なんてステキな病院なんでしょう!
      うちの近所の病院は古いとこが多いので、ディズニーやアニメ絵本ばかりで私としてはつまらないのです。
      やっと最近できた小児科が楽しい絵本をたくさん揃えてくれているので、子どもの薬を貰いにいくのが楽しみなんです。
      私のレビューをいつも読んでくださってありがとうございます。
      ですがまったく参考にならないものですから、『よるくま』を置いてくれた病院に出会いを貰ったんだと思いますよー。
      病院の付き添いが絵本などで少しでも気が軽くなれたらいいですね。

      いつも言っていますが、私は鈍くて鋭く作品を読み解くことができないので、いつも5552さんの言葉にはっとさせられます。
      夜とか闇とか、幼少期に感じる恐怖は絵のタッチを変えても伝わるものなんですね。
      酒井さんの絵はいつもは、いい意味でもっと物悲しいというか、落ち着いた絵なんです。
      今作はかわいらしいタッチだから平気と思い込んでいました。
      子どもって本質を見ていますね。

      三日月模様の黒ネコちゃん!!
      ずっと真っ黒なネコに憧れていましたが、三日月模様もとってもいいですね♪
      うちには黒と茶と少しキジ柄なアメリカンカールがいます。
      白いくつしたをはいた、まだ子どものつもりのおばあちゃんです(笑)
      2018/06/18
  • 酒井駒子さんの絵本。前から気になっていたので読んでみました☆表紙も可愛いですが絵本の中の、よるくまの登場シーンめちゃくちゃ可愛いです〜♡男の子も可愛いのに、その小さな男の子から見ても、よるくまは小さくてとても可愛いんです(´▽`*)『だいてみたらかわいかった』って言葉に私も、よるくまちゃん抱いてみたような気分になり本当に可愛い〜って思いました♪お母さんがいなくなったと泣いてるよるくまと一緒に探してあげる男の子。お兄ちゃんって感じで頼もしくて優しいです!よるくまのお母さんもあたたかくて素敵☆可愛い絵本です♪

  • ★娘たちが「一番好きな本」という作品。

    姉は2歳くらいの時にすべて暗記してしまい、字が読めないのに何度も私に読んでくれました。

    小学校での読み聞かせデビューも娘たちの希望でこの本にしました。メンバーには「この本が大好きなのが分かるね。」と褒めて頂きました。

    引用されている方も多いように私も“おまえはあったかいねぇ このままだっこしてかえろう”というところが大好き。実際に娘たちを抱っこして、温かさを実感しながら心を込めて読んでいます。

    所要時間3~4分
    全学年向き

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「何度も私に読んでくれました。」
      素晴しいね!きっと感情移入して、全部自分に取り込んじゃったんだ!それは判る気がするなぁ~
      「何度も私に読んでくれました。」
      素晴しいね!きっと感情移入して、全部自分に取り込んじゃったんだ!それは判る気がするなぁ~
      2013/02/21
  • 私が本屋で惹かれて購入した、子供のファースト絵本。
    思い出がぎっしり!!
    子供二人が読んだため、かなり傷んでるし、落書きもあるけど
    一生の宝物。

    『たすけて!流れ星』のシーンがみんなお気に入り。

    ここから私は酒井駒子さんの世界に魅了されていきました。
    絵の色の使い方が独特で大好き♥♥

  • よるくまのお母さんが、結構たくましい感じなのが、意外な感じもして、素敵。
    だっこして帰ろう、のところでなぜか母の私が号泣。

  • 酒井駒子さんの大好きな本です 。この絵本は娘に読み聞かせていたらなんと丸暗記してしまいよく娘が暗唱してました。お母さんは?お母さんは?というセリフが
    可愛かった!

  • タイトルそのままに夜にくまが出てきます。絵本なのですが切なくもあり、愛しくもあり、寝る前に読むと心があったかーくなる、くまと少年とお母さんのお話しです。

    琉球大学:くまこ

  • 知人がおもしろいと言っていたので、図書館で借りた

    「ぼく」が、うんとよなか に訪ねてきた「よるくま」と一緒に、よるくまのお母さんを探しに行くおはなし

    月の輪熊のようなよるくまがかわいい
    ぼくだって子どもなのに、よるくまにお兄ちゃんのように優しく接しているのが、ほほえましい
    よるくまとぼくの夜の冒険は、幻想的で夢のよう
    夢と現を行ったり来たりできるのも子どもの能力、大人になった私はそれが羨ましい
    だから私は絵本をよんで、それを再体験して、忘れないようにありたいのだと思う
    夜眠る前に読みたい一冊だ

  • 体が弱く入院が多かった娘。真っ暗な病室で2歳の娘を勇気づけたのは夜にやってくる小さなくまの子でした。

全323件中 1 - 10件を表示

酒井駒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 未明
A.トルストイ
エリック カール
なかがわ りえこ
あいはら ひろゆ...
有効な右矢印 無効な右矢印

よるくまに関連する談話室の質問

よるくまを本棚に登録しているひと

ツイートする