オオカミのひみつ (日本の絵本)

制作 : 田島 征三 
  • 偕成社
4.00
  • (8)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033312705

作品紹介・あらすじ

だれにだってひみつはあります。きままわがまま、だけどおもいこんだらまっしぐら、こわいものしらずのオオカミにもちょっとばかりかくしておきたいひみつがあるんです。それがなにかは…オオカミのひみつ…なのでないしょです!?しりたいひとはよんでみてね。4歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 「オオカミ」シリーズ第三弾。
    しゃくとり虫が、苦手なオオカミが、可愛らしくて笑える。

  • もりの ギャング、オオカミでも 苦手なものがある。

  • グリーンコープおすすめ

  • 6分

  • 爆笑してしまったww

  • 2004年度  青空

  • H21年2月 2-1

  • 1年生にもよくわかる内容です。裏表紙にオオカミのひみつのヒントがあるので、おもて・裏の表紙も読み始める前・後でしっかり見せるといいと思います。
    2年生にも読んだ

  • 大人:
    オオカミは森の動物達に恐れられているが、オオカミにも怖いものがあった。
    それは、小さなシャクトリムシ。
    その意外性と、森の動物達に知られてはなるまいというオオカミの葛藤が面白い一冊。


    3歳児:
    「オオカミのごちそう」「おおかみのともだち」があるが、これが一番話もわかりやすいようです。
    「えー」「ひゃ~」っと良いながら喜んでみていました。
    4歳児以上ならメッチャ笑える本だと思う。

全15件中 1 - 10件を表示

プロフィール

東京都生まれ。幼児番組のアイデアブレーンなどを経て絵本・童話作家に。『あらしのよるに』で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞受賞。同作品の劇作で、斎田喬戯曲賞受賞。『オオカミのおうさま』で日本絵本賞受賞。その他の作品に『きずだらけのリンゴ』『人間ごっこ』『風切る翼』、「おおかみ・ゴンノスケ」シリーズ、「よーするに医学えほん」シリーズなどがある。

「2018年 『完全版 あらしのよるに ONE STORMY NIGHT COMPLETE EDITION』 で使われていた紹介文から引用しています。」

きむらゆういちの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
きむら ゆういち
なかの ひろたか
A.トルストイ
なかがわ りえこ
ヴェルナー ホル...
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする