ランスロットとパブロくん (ロボットのランスロット)

  • 偕成社
4.09
  • (9)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033312903

作品紹介・あらすじ

わすれんぼうのランスロットとおっとりやのパブロくん。きょうは、ソーダいけに、おおきなさかなをつりにいくんだって。たむらしげるワールドでおなじみのロボットランスロットが主人公の絵本シリーズ第1弾!4歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 絵がとても綺麗でおとなも引き込まれる

  • ステキな 友情♪

  • ロボットのランスロットは朝ごはんの魚を食べていて、くまのパブロくんと魚釣りに行く約束をしていたのを思い出す。
    ランスロットは釣り竿を探し始めるが、オモチャに夢中になってしまい・・・。

    たむらしげるサンの作品と言えば、フープ博士とランスロットなのだが、そのランスロットが主人公の絵本シリーズ。
    マイペースなランスロットに付き合えるパブロくんもなかなか いいくまだなぁ。

  • わすれんぼのランスロットとのんびりやのパブロくんの話。

    ランスロットとパブロくんがふたりで夜空を見上げるシーンをひらくといつも「はぁ~…」とうっとりした声を出してしまう。ハスの花も美しい。
    せかせかしがちなこの頃。のんびりさんのパブロくんを見習いたいな?

  • どこまでもマイペースなランスロット君とそれを気にしないパブロ君のやりとりにとても癒されます。

  • ロボットとくまさんの仲良し話。
    3歳半の息子はいいな~って。

  • まずたむらさんの絵がよい♪<br>そしてランスロット・・・こういうコって結構身近にいるよね?(^^;)

  • 色使いがキレイで、イラストもかわいい大好きな絵本です♪

  • イラストが夢のようで とってもお気に入りの一冊です。友情?なんてのもあって たんたんとした文章だけど 親の方がはまっている 一冊です。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

たむらしげる 1949年、東京都生まれ。絵本に『ごろんご ゆきだるま』『おばけのコンサート』『ロボットのくにSOS』『ペロチュパチュー』(「こどものとも0.1.2.」2015年5月号)『たべたの だーれだ?』(「同」2016年8月号」)『はりがね なんになる?』(「こどものとも年中向き」2015年12月号/以上、福音館書店)など多数。漫画に『結晶星』(青林工藝舎)などがある。画文集『メタフィジカル・ナイツ』(架空社)で小学館絵画賞、映像作品『銀河の魚』(SME・ビジュアルワークス)で毎日映画コンクール大藤信郎賞、『クジラの跳躍』(バンダイビジュアル)で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞などを受賞。2018年、絵本『よるのおと』(偕成社)で産経児童出版文化賞大賞を受賞。

「2018年 『かたつむりタクシー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たむらしげるの作品

ツイートする