ボタン

著者 : 森絵都
制作 : スギヤマ カナヨ 
  • 偕成社 (2013年4月16日発売)
3.77
  • (6)
  • (9)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033313306

作品紹介・あらすじ

ママのボタンコレクションは、いろんな形のボタンがいっぱい!もとの洋服はどんなだろう・・・、まゆはママの青春時代を想像します。

ボタンの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森絵都×スギヤマカナヨタッグ絵本は読んでいてほっこりする。
    ボタンってほんとうにそれぞれで、綺麗で、それが古いものだったら尚更ときめいてしまうよね。
    クローゼットの中のクッキーの缶には昔お母さんが使っていたボタンがぎっしりつまっている。それを眺めるのが大好きな女の子。このボタンはどんな洋服についていたのかな、このボタンのついていたお洋服をみにまとっていたまだあたしのお母さんではなかったお母さんはどんなんだったんだろう、と様々な想像をする。
    そんな素敵な絵本です。

  • 3分ほど

    お母さんが残している色んなボタンを見て
    思いを馳せる。
    最後にそのボタンを使ってオリジナルな洋服を作ってもらう。
    ボタンだらけの服で、人に笑われたって平気。
    ボタンの数だけお母さんと一緒だから。

    かわいい内容だけど、女の子向け。
    読み聞かせだと男の子もいるからなぁ…
    という感じ。

  • 女の子向けの絵本。わたしのワンピースの方が好きかな~

  • お母さんのボタンコレクションをみてそれがどんな服についていたのかあれこれ想像します。その楽しげな様子にみているこちらまでわくわくしてきて自分ならこんな服かなって想像しちゃいました。

  • ★★★★☆
    赤い表紙が、目に飛び込んでくる。
    ママのクローゼットにはボタンがつまったカンのはこ。
    葉っぱのボタンはどんな服についていたのかな?
    そらいろのボタンは…?
    私の知らないママをカンのボタンたちは知っている。

    おしゃれ!
    お母さんと女の子のヒミツの絵本って感じ。
    (まっきー)

  • 【蔵書案内・絵本】坂東市の図書館:いろいろなボタンの入った缶の箱。ママが集めてためていたボタン。缶入りのドロップのようで夢がつまっているのに、絵本はまだまだ夢がつづいていきます。このボタンで服を作るならどんな服?そして・・・最後のページにぐっときます。そうですね、読んであげるのもいいですが、自分で読むのもいいかも。特に女の子は共感するでしょうね。

  • 3分30秒☆

  • お母さんのクローゼットにはボタンのたくさん入った缶がある。
    お母さんが昔趣味で洋服を作って、着なくなった洋服のボタンだけを残しておいたものだ。
    「私」は水色のボタンや貝殻のボタンを見て、お母さんの服がどんなのだったか想像してみたり、自分が着てみたところを想像する。
    そうして、誕生日にお母さんからボタンだらけのワンピースを作ってもらう。
    みんなは奇異の目で見るけれど、ボタンの数だけお母さんと一緒。

    確かに、ボタンからそれが付けられていた服を想像するのは楽しそう。

    ボタンが多ければ、その分だけお母さんとより一緒というものいい。

  • 何だか可愛らしい

    偕成社のPR
    「ママのボタンコレクションは、いろんな形のボタンがいっぱい! もとの洋服はどんなだろう・・・、まゆはママの青春時代を想像します。 」

    著者からのメッセージ(偕成社)
    http://www.kaiseisha.co.jp/books.html?page=shop.product_details&flypage=flypage.tpl&product_id=6409

全10件中 1 - 10件を表示

森絵都の作品

ツイートする