オオカミのおうさま

制作 : 田島 征三 
  • 偕成社
3.51
  • (5)
  • (11)
  • (17)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 90
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033316406

作品紹介・あらすじ

もしも、おうさまになれば、みんながいうことをきいてくれるし、ごちそうだって、いっぱいたべられる。おうさまってさいこうにらくちんです。でもね…。ドジで、てれやで、みえっぱりで、「ひとりがいちばんきらくでいい」なぁんて、いってるオオカミが、うっかりおうさまになっちゃったら。どうなのかな?ほんとにらくちんなのかな?おうさまってけっこうたいへんなのかも…4歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • UniLeaf では、この絵本に透明点字シートを挟み込んで製本した、ユニバーサル絵本を貸し出ししています。
    状況が「読みたい」になっている本はお貸しできます。
    「いま読んでいる」になっている本は貸出中ですが、ご予約いただけます。
    コメント欄に「貸出希望」と書いてください。
    (送り先の住所などはここに書かないでください。)

  • 一場面見開きに4コマある。
    ドジなオオカミが偶然に助けられて王様に祭り上げられる。
    でも、窮屈な生活に嫌気をさし引っ越しの途中で群れをぬけ出す。

  • 「オオカミ」シリーズの第四弾。
    うっかり王様になってしまったオオカミ。
    たくさんの子分たちから逃げ出す方法が、ユーモラスで楽しい。
    一貫して「ひとりが気楽」を貫く姿にも好感が持てる。

  • ひとりが 大好きな オオカミの 王さま?!

  • どじなオオカミのお話。すべてが裏目にでる様子が楽しいです。

  • 2013/06/25 4-1
    2013/07/02 2-1

  • 「ひとりが いちばん きらくでいい」なんて言っていたオオカミが、ある日、足を滑らせて崖から落ちると、途中で大へびとハゲワシと大イノシシに当たり、倒して!?しまいました。
    たくさんのオオカミに「子分にして下さい」と言われ、「ついてくるな〜」と言ったはずが「ついてくるか」と聞き間違えられ、「面倒をみてもらうのも悪くない」と言ったのが「面倒みてやるのも悪くない」と聞き間違えられ、1000匹のオオカミの王さまになってしまいました。
    居心地が悪くなったオオカミは、引っ越しするぞとみんなに言い、引っ越しし始めたすきに、逃げるのでした。

  • H24・1-2

  • 一人で静かに暮らしたいオオカミが、偶然ヘビやハゲタカを倒して、更にエサのウサギたちもたくさん気絶させてしまう。
    それを見た周りのオオカミたちは、そのオオカミをリーダーにしようとする。
    一匹オオカミが「ついてくるな」と言ったのにオオカミたちは「ついて来い」と聞き違えたりして、1000匹のオオカミが集まってしまう。
    一匹オオカミはあの向こうの山にエサがたくさんあるので、あっちに移住する、と言うとみんな行ってしまう。
    そこで、一匹オオカミはみんなと反対の方向に走り、一人のんびり、またもとの暮らしに戻るのだった。

    1000匹のリーダーになったオオカミが、調子に乗って酷い目に遭うオチかと思っていたので、知恵を利かせてとんずらするとは白かった。

  • にくめないオオカミ。
    絵が迫力あって、これはさ、読み聞かせしたいね。
    遠くから見たいや。

全15件中 1 - 10件を表示

きむらゆういちの作品

ツイートする