パパ、かばになる

著者 :
制作 : 飯野 まき 
  • 偕成社
3.27
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 49
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033317502

作品紹介・あらすじ

ママがおでかけのよる。ゆうと、かなはパパがつくったカレーをたべてから、おふろにざぶん!おふろにはいるとパパのせなかがずんずんずんとおおきくなって…あらわれたのはおおきなかばでした!3歳から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お風呂に入った父子3人
    パパのおっきなおっきな背中はかばみたい。

    パパとせーので潜ったら・・・。

    一緒に絵本を読んでくださいね。

    そして、絵本を読み終わったら、
    一緒にお風呂に入ってくださいね。

  • ママがおでかけのよる。パパとぼくと妹でお風呂に入った。
    「パパっておおきいねえ。かばみたい。」ってぼくが言ったら、パパはぶくぶくとお湯の中に沈んでいった。そしてずんずん茶色になって、なんとかばになってしまった!
    カバになったパパとぼくたちは川にしゅっぱーつ!

    パパがお風呂でかばになってしまうというびっくりな設定ですが、子供たちがかばになったパパと水遊びを楽しむ様子が楽しい絵本です。
    濃厚な水の質感、迫力のカバ、くるくる変わる表情、元気が出ます。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

安江リエ 兵庫県生まれ。横浜に育つ。出産を機に共同保育に関わり、その後、絵本の仕事を始める。絵本に『みどりのホース』(やぎゅうげんいちろう・絵)、『ねえ どっちがすき?』(降矢奈々・絵)、『はがぬけたよ』(山口マオ・絵)、「たこらす」シリーズ3冊(いまきみち・絵、「こどものとも年少版)、『ひもがいっぽん』(及川賢治・絵、「こどものも年中向き」2014年4月号)、『もぐとぐるとうみかぜごう』(及川賢治・絵、「こどものとも」2016年4月号)など(以上福音館書店)。「かがくのとも」の作品に『あかちゃんは ふしぎが いっぱい』(いまきみち・絵、2016年7月号)がある。東京都在住。

安江リエの作品

ツイートする