わすれたくない海のこと

著者 : 中村卓哉
制作 : 中村 卓哉 
  • 偕成社 (2011年3月2日発売)
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (48ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033319001

作品紹介

みんながつながって、ひとつの海をつくっている。生物多様性の海、辺野古・大浦湾。遠浅の海岸にひろがるリーフには、たくさんのスズメダイやチョウチョウウオがむれ、ゆたかな海草の森が太陽の光にてらされて、キラキラとかがやいていた。小学校中学年から。

わすれたくない海のことの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 辺野古・大浦湾の写真絵本。
    珊瑚って、洞窟になるほど大きく育つんだって。
    世の中にはいろんな景色があるんだなぁ。

  • 辺野古。ニュースで度々耳にする地域名ですが、そこがどんなところなのか全く知りませんでした。この本には、辺野古・大浦湾の海の様子やそこに住んでいる生き物・植物の写真が沢山収められ、子どもにも分かる平易な言葉で説明が綴られています。写真がとてもきれいです。まずは、手にとって見て欲しい。そこから何かを感じて欲しいと思いました。子どもと読みたい一冊です。

  •  沖縄の辺野古・大浦湾の自然。マングローブの森、サンゴ、そこで生きる生き物たちを写した写真絵本。

  • 中村卓哉さんの写真の本。沖縄の水が生まれる山から川を通って、海にたどりつくまでが、素敵な写真で紹介されています。ふりがなつきでこどもにも読めるようにしてあるところが、また、卓哉さんらしくて素敵なところです。

  • 写真の美しさ、生きものの不思議、水のめぐり。
    じめじめっとした、この時季、癒されながら、考えながら、ページをめくるのにぴったりな本です。

全5件中 1 - 5件を表示

中村卓哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする