おおきなおひめさま

著者 :
  • 偕成社
3.41
  • (4)
  • (8)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 106
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (34ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033321608

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館で借りて読み。

    絵本ナビでおひめさまえほん、みたいなテーマで紹介されていた本。かわいいもの大好きな6歳児向けに。

    【テーマ】おひめさま絵本 | 絵本ナビ
    http://www.ehonnavi.net/special.asp?n=54

    三浦太郎の絵が好きなので、うちには赤ちゃんえほん的なものが数冊ある。長めのストーリーの本だったが、とくにひねりはなく。絵柄は好きだが、子ども向けにデザインされたもの、って感じはしなかったかなあ。

  • どんどん大きくなっていくお姫様。その表現がかわいらしいなって思いました。

  • 昔どこかで聞いたことのあるような懐かしい気がした
    王様もあるみたい、読みたいなぁ

  • あるところに子供を授からない王さまとお妃さまがいました。
    あるとき2人は神様のお告げで庭の花の中に小さなお姫さまを見つける。
    けれど、そのお姫さまには呪いが掛かっているらしい。
    しかし、2人はお姫さまをかわいがって育てる。
    お姫さまは最初は1枚の羽根をベッドにしていたけれど、次の日には大きくなってしまったので宝石箱をベッドにする。
    でも、次の日にはもう小さくなっていてコーヒーカップをベッドにする。
    次の日にはくまのぬいぐるみをベッドにする。
    次の日には子供用ベッドでも小さくなってしまう。
    お姫さまはどんどんどんどん大きくなってとうとう一番大きな塔に入れられる。
    それでも大きくなって塔からはみ出てしまう。
    ちょうど窓からお姫さまのおへそが見えて何やら黒いものが。
    王さまはそれを取ろうとするけれど、くすぐったくてお姫さまが体を揺らすために中々取れない。
    それでも、やっと取れた、ものは植物の種だった。
    庭に植えてみるとそれは大きなひまわりになった。
    呪いが解けてお姫さまは元の大きさに戻る。
    それでも、王さまよりも大きいお姫さまになったけれど。
    今ではあのひまわりは「大きなお姫さま」と名づけらて大切に育てらてているのだとか。

    繰り返し要素。

    呪いが解けてもちょっといっぱい大きいままなのか…。

  • あったかい気もちになる絵本。
    あのタネ、おっきな笑顔みたいな、あの花だったんだ。
    いまからの季節ぴったり♪
    『ちいさなおうさま』とセットで読むと、またいいんだなぁ。
    すくすく愛情たっぷり育ったおひめさまに出会えて、ちいさなおうさまは幸せになったんだね。
    ほんとに、よかった。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

1968年愛知県生まれ。大阪芸術大学美術学科卒業。おもな絵本に『バスがきました』『おうちへかえろ』『ポケット』『あ・あ』『あー・あー』『でんしゃがきました』(童心社)『くっついた』『ゴリラのおとうさん』(こぐま社)『まかせとけ』『おうさまのこどもたち』(偕成社)『ぞうちゃんとねずみちゃん』(講談社)などがある。ボローニャ国際絵本原画展で入選を重ね、海外でも絵本を出版。

「2020年 『おふろにはいろ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三浦太郎の作品

ツイートする
×