ぞうはどこへもいかない

著者 : 五味太郎
制作 : 五味 太郎 
  • 偕成社 (2013年10月17日発売)
3.45
  • (4)
  • (5)
  • (8)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :54
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033321806

ぞうはどこへもいかないの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 動物園では、ウエルカムぞうさん!と盛り上がっているけど、ぞうさんの気持ちはどうなのかな?という点に着目した作品。

  • 27年度 (5-1)

  • 五味さん~~。好きだわ。五味さんの絵本。
    最後の
    「で、おんなのこは どうやってかえるのかな…」
    クスッ。

  • 図書館で借りてきた本。
    五味太郎さんの絵本っぽくないなって思う。
    ハヅキ(4歳11か月)は気に入ったようで毎日のように寝るときに持ってきます。

  • 「そうはどこへいった?」の続編。セットで読んだ。こちらもポジティブ。ついに飛べるようになったゾウ。また続きが出そう。

  • ぞうのナンセンスな空を飛ぶ様子がなんともいえません。

  • 2013.12.30.
    代官山蔦屋書店にて

  • ぞうがさらわれて動物園につれてかれたけど
    飛んで帰ってくる

  • アフリカにいるゾウが突然ヘリコプターに運び込まれて海を越えてどこかで降ろされる。
    そこはサーカスだった。
    みんなに歓迎されるけれど、元いた場所に帰る、と言うゾウ。
    女の子がどうやって?と尋ねると空を飛んで、と。
    ヘリコプターで飛ばされている間に何となく飛ぶコツを掴んだのだとか。
    女の子を乗せて空を飛び、アフリカのみんなの元へ帰ったゾウ。
    ちょっと待って、女の子はどうやって帰るの?

    前の四角い象の続き…?
    と思ったら前のタイトルは「ぞうはどこへいった?」。
    やっぱり関連あるみたい。

    めでたく終わりかと思いきや女の子の問題が残っていたという落ち。
    女の子と書かれるまで男の子だと思っていた。

    なんとなく飛ぶコツが分かったなんて、いいなあ。

全10件中 1 - 10件を表示

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
クリス ホートン
かがくい ひろし
ヨシタケシンスケ
A.トルストイ
酒井 駒子
tupera t...
なかがわ りえこ
加藤 休ミ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする