オランウータンに会いに行く

著者 :
  • 偕成社
3.15
  • (2)
  • (1)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033322407

作品紹介・あらすじ

東南アジアのボルネオ島とスマトラ島だけに生息する動物、オランウータン。マレーシア語で「オラン」は「人」、「ウータン」は「森」の意味。「森の人」、オランウータンと出会うこと、それが、子どものころからの著者の夢でした。森の人をさがして、ボルネオ島へ。オランウータンの暮らしがわかる写真絵本。小学校低学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オランウータンの自然な姿が感じられます。

  • あんまりピンとこなかったなぁ。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1957年横浜市生まれ。雑誌編集者を経て、現在はフリーランスの写真家として多方面で活躍中。日本写真家協会会員。著書に『ゾウの森とポテトチップス』(そうえん社)、『さがりばな』(講談社)、『オランウータンに会いに行く』(偕成社)など。

「2014年 『ゆらゆらチンアナゴ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

横塚眞己人の作品

ツイートする