ジャングルの王さま

著者 :
制作 : 工藤 ノリコ 
  • 偕成社
4.17
  • (3)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033323800

作品紹介・あらすじ

ウータンとポコは、ジャングルでなかまたちと楽しくくらしていました。ある日、森の木々がすこしずつ消えていっていることに気づいて……

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 南の国のジャングルではオランウータンのウータンは森のみんなと仲良く暮らしている。
    見掛けないキノコが生えているのに気付いたころ、森の木が少し減ってることにも気付く。
    最初はみんな気にしなかったけれど、仲間が住んでいる木ごと消えてしまう。
    実はキノコだと思ったものは宇宙から来た生物たちで、夜な夜な木を囲んでは不思議な光線を発して小さくして宇宙人の基地に持ち帰っているのだった。
    宇宙人たちはもうだいぶ木が集まったから帰ろうとするが、一番大きな木があるからそれも、ということになる。
    一番大きな木とはジャングルにずっと昔から生えている大きな木でみんなから王様と呼ばれている木だった。
    王様を守らなくては、と残った生き物で駆けつけるが、木と同じように小さくされたりして歯が立たない。
    もうだめかと思われたとき、思いが王様に通じて王様が動いて宇宙人たちの輪を壊す。
    どうしてこんなことをしたのか聞くと、自分たちの星はこの星と同じように美しい緑があったが隕石の衝突で失われてしまい、そこで他の星から緑を取ってくることになったのだとか。
    緑がないと自分たちも困ることを説明すると小さくした木を元に戻してくれた。
    最後の1本は友情の証として宇宙人たちにあげることに。
    その1本から遠い未来、またいつの日か緑いっぱいになることを願って。

    コマ割りされていて絵本というよりは漫画。
    楽しめたけれど、ちょっと長く感じた。
    主人公がウータンかと思いきや、活躍したのは臆病なコウモリの弟だったりと分散している印象。

    木が王様というのはなかなかない。
    宇宙人たちの行動が困った末の選択、でよかった。

  • クリスマスプレゼント。
    コミック仕立ての長篇ファンタジー。ジャングルの動物たちがいろいろでてきて自然についてのゆかいなお話かとおもいきや宇宙規模の壮大な展開におどろかされる。
    ぼーずは小さいこうもりのポコが大好きで感情移入している。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

工藤ノリコ(くどう のりこ)
1970年、神奈川県生まれ。絵本作家・漫画家。旅をするのがだいすき。絵本に「ぺんぎんきょうだい」シリーズ(ブロンズ新社)、「ノラネコぐんだん」シリーズ(白泉社)、「ピヨピヨ」シリーズ(佼成出版社)、「センシュちゃんとウオットちゃん」シリーズ(小学館)、『ジャングルの王さま』(偕成社)、読み物に「マルガリータ」シリーズ(あかね書房)などがある。

工藤ノリコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
ヨシタケシンスケ
マージェリィ・W...
ヨシタケ シンス...
トミー=アンゲラ...
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする