ねずみのすもう (絵本・日本のむかし話)

著者 :
制作 : 赤羽 末吉 
  • 偕成社
4.13
  • (15)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 116
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (31ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033370200

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 11か月

    夜寝る前のお話に。でんかしょでんかしょのかけごえ。
    優しいおじいさん、おばあさん。
    おじいさん、おばあさんおもいのやせねずみ。
    ちょうじゃどんのねずみも、おもちのお礼にこばんを持ってきて、それもいい。
    最後はおじいさん、おばあさんの暮らしも楽になり、いいお話。

  • でんかしょでんかしょというかけごえがおもしろかった。

  • 2013/6/25 3年4組

  • 29年度 仲よし
    28年度(仲よし) ほかに「これはタケシがけったサッカーボール」2分
    26年度(1-3)
    24年度(3-2)(3-3)

    7分

  • H23年 6月 4-1

  • 赤羽末吉さんの画で楽しめる日本のむかしばなし。

  • 読み聞かせ 5分

    朝の読み聞かせにもよいと思います。季節もあまり関係なく使います。
    素話では瀬田貞二さんが再話したものをきいた事があります。
    どちらも、でんがしょでんがしょという掛け声がかわいらしいです。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1924年福岡県生まれ。文化学院文学部卒業。詩人・児童文学者。少女時代を樺太(今のサハリン)ですごす。日本児童文学者協会賞、日本童謡賞、路傍の石文学賞、モービル児童文化大賞などを受賞多数。作品に『くまの子ウーフ』(ポプラ社)『ふらいぱんじいさん』(あかね書房)『はけたよはけたよ』『あひるのバーバちゃん』(以上、偕成社)『たまごのあかちゃん』(福音館書店)など作品多数。

「2014年 『やさいのともだち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神沢利子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
なかがわ りえこ
トミー=アンゲラ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ねずみのすもう (絵本・日本のむかし話)に関連するまとめ

ツイートする