とうさんまいご (五味太郎・しかけ絵本 (2))

著者 : 五味太郎
制作 : 五味 太郎 
  • 偕成社 (1983年8月発売)
3.97
  • (41)
  • (33)
  • (41)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :298
  • レビュー :49
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033380209

とうさんまいご (五味太郎・しかけ絵本 (2))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何が隠れているのかめくるまでどきどき!みたいなしかけ絵本はいろいろあると思うんやけど、一番最後みたいなのをもっと読みたいです、ああいうことばのしかけが全編ある絵本を読みたいです五味さん。
    7か月の息子はめくりたくて大騒ぎしていた。でも図書館で借りたやつだからぐしゃぐしゃしたらいかんのよーーー
    破れやすい形状になっとるページも多くて困った。

  • しかけ絵本。お父さんパーツににたものが別人。

    C8793

  • 私がこどものときに買ってもらった絵本です。
    子供のとき、五味太郎の仕掛け絵本が大好きでした

    改めて読んでみると、仕掛けでない部分の絵がおもしろい。
    いろんな人物が描かれています。

    * シャレたマネキンに触っている、ポケットに酒瓶?を入れたホームレス。
    * 椅子の上に立って遊んでいる男の子
    * 小さい戸棚に入って遊んでいた?女の子を、叱っているお母さん
    * エスカレータの手すりの上に、車のオモチャを乗せて遊んでいる男の子


    ホームレスのおっちゃんを絵本に描くのか。。。
    子供に質問されたら、なんて親は答えるんだろう。。。

    ということも想定して、五味太郎さんは描いているんですかね。
    いろんは大人、子供がいるんだぞ、という思いを込めて。

  • 図書館で借り。五味太郎の本なので読んでみるか、と思って。

    父さんの服装、好みが昭和のお父さんだなー。お休みの日でも背広、万年筆をみてるあたりが。
    そうそう、昔はデパートにデパガがいた…。5歳児には何のことかわかんないだろうなーと思いつつ読み。

  • 素晴らしいしかけ絵本!

  • 189
    22m
    りおがじぶんで選んだ
    しかけとしては面白いけどってくらいで面白くないbyK

    確かに、ものすごく面白くはない
    でもりおは読んで何か言っているから、まぁまぁなのか?
    結構好きみたいで日々少し読んでる
    しかられてゴツンてされてる女の子がすごく気になる様子 そういうのってなんなんだろう

  • デパートの買い物中にとうさんがまいごに~
    とうさんの特徴を追って探し回るが・・・
    しかけ絵本

    英語版タイトル『I LOST MY DAD』北新宿
    1-929132-04-2
    2001
    Kane/Miller Book Publishers(New York)

  • あくまで迷子になったのはとうさんです。
    途中で叱られてる女の子は、戸棚の中に入って遊んでたのかな?


    しかけ絵本ですが、派手すぎないしかけなので、読み聞かせにも十分使えます。
    なにぶん古い本なので、色んな表現が、絵・文、どちらも古いところがあります。タイプライターとか使わないし、あの服をいましゃれてるって思う人もそういない。
    でも、そんなのはこの本のメインではないから、いいんです。気にしない。
    気になった子がいたら、あとから説明してあげればいいだけなのです。
    あとは、しかけが壊れないように、大切に扱いましょう。フィルムなどで最初から補強しておくといいかもしれません。

  • デパートで、おとうさんが迷子になった!大変!おとうさんを探さなくちゃ。
    とっても楽しいしかけ絵本です。
    本当は迷子になったのは、「ボク」のほうなのでは…?笑
    五味太郎ワールド、最高です!

  • 仕掛けがあって、楽しい絵本。

全49件中 1 - 10件を表示

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
A.トルストイ
酒井 駒子
トミー=アンゲラ...
モーリス・センダ...
有効な右矢印 無効な右矢印

とうさんまいご (五味太郎・しかけ絵本 (2))に関連する談話室の質問

ツイートする