まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))

著者 :
  • 偕成社
3.93
  • (158)
  • (133)
  • (175)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 1902
レビュー : 156
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033380308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 娘3歳読み聞かせ

    窓枠型に紙が切り抜かれており
    サンタが窓からのぞいて見えたものが
    実は全然違ったと言うのが次のページでわかる。

    娘は穴が空いてる事で、先が気になり
    読み聞かせを遮り、光の速さでページをめくる
    ……読了
    意外な展開があって面白い。

    子供にページをめくらせないくらいの
    読み手の力量が要る。

  • サンタさんが次々にどうぶつたちの家の窓からプレゼントを贈ります。
    窓の外からみえた動物たちにぴったりのプレゼントをサンタさんは贈ります。だけど部屋の中にいたのは・・・。仕掛け絵本でリズムよく絵本をめくっていくと最後はみんなHAPPY。クリスマスにピッタリの絵本

  • ヘリコプターに乗ってきて、歩いてプレゼントを配るちょっとかわりもののサンタさん。
    家の小窓から見える姿からプレゼントを選びますが、そこに住んででいたのは・・・
    次はだれ?どんなプレゼント?
    想像力を豊かにしてくれる絵本です。
    3歳くらいから。

  • クリスマスの頃に購入し読み聞かせました。3歳頃では内容の理解が及ばない部分もありますが、意味がわからなくても窓になっているページをめくっていくだけでもこどもたちは喜んでいます。5歳ごろになると内容まで完全に理解できているようです。そういう意味でも長い期間楽しめる本だと思います。

  • パパ購入本

    何度も読んだね
    窓を開くしかけが面白い

  • 「まどからおくりもの」おっちょこちょいのサンタさんがプレゼントしたものは?
    著作者:五味太郎
    発行者:偕成社
    タイムライン
    http://booklog.jp/timeline/users/collabo39698
    窓の中にちょっと見える姿を見て、サンタさんが贈り物を選んで配っています。

  • 2歳2か月

    クリスマスの絵本が欲しいなと思って購入。
    読んでいるほうは楽しいんだけど、子どもは途中で飽きるようです。
    そのうち面白さが分かるといいな。

  • 2020.11.08

  • 2歳2ヵ月

    幼児向けクリスマス絵本で紹介されていたので、
    図書館で借りました。

    サンタさんがいろんなお家にプレゼントを
    配る絵本。
    窓が切り取られているので
    指を入れて遊べるし
    窓から中、中から外がみえるので
    サンタさんの視点、家の中からの視点がわかって面白い。

    紙に厚みはないので子に破られないように
    取り扱い注意

    子供はストーリーより
    しかけに夢中でした。笑
    ストーリーもオチがあって面白いので、
    また月齢あがったら再度読み聞かせしたい絵本でした

  • 2歳5ヶ月

    やはりテッパン五味太郎シリーズ。
    なんにもあーげない!というフレーズを気に入ってやたら言う。いじわるか。

    しかし、五味太郎さんの絵本はオシャレだなあ。

    私がこれまで読んだ絵本には珍しい吹き出しでのセリフ回し。フォントが少し時代を感じるかと思いきや、中々どうしてSNSでのチャットを思わせる、今でも完全にスタイリッシュであります。

全156件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1945年、東京生まれ。
工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。子どもからおとなまで、幅広いファンを持つ。著作は350冊をこえ、多くの絵本が世界各国で翻訳されている。代表作に『きんぎょがにげた』『みんなうんち』『言葉図鑑』『さる・るるる』などがある。

「2021年 『まだまだ まだまだ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
モーリス・センダ...
馬場 のぼる
エリック=カール
なかの ひろたか
有効な右矢印 無効な右矢印

まどから おくりもの (五味太郎・しかけ絵本(3))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×