もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻

著者 :
  • 偕成社
3.54
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (80ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033432106

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 26年度3ー1 3ー2

  • おもしろい。
    例文が、笑える。
    きっと、作者の西村さんも例文を考えるのが楽しくて仕方なかったろうと思う!(勝手に)

  • たくさんのオノマトペが、楽しい文章とそれに合わせた面白い絵とダジャレで紹介されていて、オノマトペの意味や使い方がよくわかる絵本です。
    面白い響きのオノマトペが、愉快な絵とダジャレでいっそう楽しめます。

  • 大人向き?

  • 小学2年生には簡単すぎてつまらないようでした。

  • ★★★★☆
    擬音語・擬態語をユーモアいっぱいの挿絵で(^^)
    1年生におすすめ。
    (まっきー)

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

愛知県生まれ。東京造形大学デザイン科卒。インテリアとテキスタイルのデザイナーとして活動後、絵本の創作を始める。第1回日本童画大賞優秀賞受賞。絵本に『バルバルさん』『もりのおふろ』『どうぶつサーカスはじまるよ』(福音館書店)、『どろぼうだっそうだいさくせん!』『もじもじさんのことば劇場 オノマトペの巻』(偕成社)、『そこにいますか―日常の短歌』(岩崎書店)、『うんこ!』(文溪堂)、『どうぶつぴったんことば』(くもん出版)、『わらしべちょうじゃ』『いもいもほりほり』『アントンせんせい』(講談社)他多数。

「2017年 『アントンせんせい あかちゃんです』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西村敏雄の作品

ツイートする