はるをさがしに 新・自然きらきら 1

著者 :
制作 : 久保 秀一 
  • 偕成社
4.15
  • (7)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (24ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033442105

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2018/04/24 2年生(2018年度)

  • 春にぴったりの絵本です。写真なのと主人公がテントウムシなので、読み聞かせにぴったり。

  • そろそろ道端の雑草の花が咲き始める季節に、3年生のクラスで読み聞かせしました。
    冬を越して春を迎える虫たちの様子がよくわかる写真絵本ですが、テントウムシを主人公に物語に仕立ててあるので、読み聞かせに使いやすいです。
    見開きの満開の菜の花畑の写真には、子どもたちも「わあ~」と声をあげていました。

  •  写真絵本。てんとうむしが「もうはるだよ」と言っても、かたつむりやちょうちょは「まだまだ」という返事。野原の花たちも、まだつぼみのまま。でも…。

  • 早春。冬の寒さをしのいでいたテントウムシが、春を探して野原をゆきます。
    はじめは、まだ寒いと言っていたカタツムリやチョウたち、最後には黄色の菜の花畑が美しい写真絵本。

  • さて、春になって起き出してきたテントウムシ。でも。他の人たちは起きてきません。かたつむりも、はるじょおんも。でも、タンポポさんが咲いて蜜蜂が働き出し…綺麗な春を感じることの出来る絵本です。

  • <pre>配架場所:1階 社会・理科・技術  
    請求記号:468/ナ
    形態:図書
    内容:野原が明るい光に包まれました。落葉の下か
    ら這い出してきたのは、てんとうむし。ところが、
    かたつむりもちょうちょも、花たちもなかなか起き
    てくれません。おはなしのなかに自然と夢がいっぱ
    い詰まった観察写真絵本。(TRC-MARCより)</pre>

全7件中 1 - 7件を表示

七尾純の作品

ツイートする