まってました名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵)

著者 :
  • 偕成社
4.30
  • (41)
  • (15)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 404
感想 : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033452302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 7000万円手に持ってやってくるのもすごいな。
    そこを狙われそう。
    たつ子さん一筋のミルキーさん。
    だけど、離れて暮らさないといけない大人の事情の深さを感じます。

  •  2話収録。
     相変わらず、どちらもさっぱり分からず…。
     どっちも何となく途中までは分かるんだけど、いわゆる詰めが甘いというか。
     最後の最後が分かってない。

     2話目のラストがいいね。
     もっと話してたいけど、何話したらいいか分からないとか。

  • 冬休みの読者にMが学校から借りてきた。

    あの人がさ、携帯電話を使って捕まえるの。
    ほんと、すごい。やるな。
    このシリーズ好き。早く学校で違う本を借りなくちゃ。M8

    Mが面白い!と言うので読んだみた。
    ミステリだし。
    でも、あまりの文字の少なさに唖然。
    とりあえず、一冊読んだという自信にはなるかな。
    ただ、あなどるなかれ、ミステリを解くのはけっこう楽しい。

  • 2020年7月ごろ

  • はなれこじまいふ事
    お金をふところにいらたのがミス!
    おさいふにいれとけば、バレなかったかもしれない。

  • な ①20200210

  • 《図書館-借》今回は、私も推理できました。いつもながら、ミルキーさんの奥様、見事な推理です。

  • [江戸川区図書館]

    「ミルキー杉山のあなたも名探偵」シリーズの第7巻。
    はなれこじまさいふ事件、ミス・ラビットふたたびあらわる

    偽札犯人の問題と、再度出てきたミス・ラビット。これも一緒に借りてきた「かえってきた〜」と合わせてすぐに読んでしまったね。さいふ事件はすぐにわかったな。ちょうどパパが手品にハマっている?時だったし、なんか手品話に少し重なるものを感じたよ。

  • シリーズ第7巻。
    「はなれこじまさいふ事件」「ミス・ラビットふたたびあらわる」収録。「はなれこじま〜」:懐にあったら気付くでしょー!と思ってたらそういう事件だったか。民宿からの迎えのボートの場面、よく見たらヒントがありました。お礼のお土産が生ものΣ(°_°)ミルキーそれで良いのか〜。「ミス〜」:こちらはミルキーの周囲が大活躍(笑)ツルまつのが電話を受ける場面がお気に入り、イケメンに見えるからσ^_^;レストランで彼女に振られる男性も面白かった。プレゼントにそれはない!(笑)オチも面白かった、オススメ。

  • ・この本の主人公は、ミルキー杉山といって、探偵映画に感激して探偵になった。ミルキー杉山がいろいろな難事件をかいけつしていく。
    ・事件その1もその2も、事件のはん人がだれなのか考えられる事件編と、そのはん人を知ることができる解答編があるので、とても楽しく読むことができます。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年東京生まれ。保父として、各地の保育園などに勤務。その後、手作りおもちゃ屋<なぞなぞ工房>を主催。中川大輔画伯との、探偵ミルキーシリーズは『もしかしたら名探偵』『いつのまにか名探偵』『あしたからは名探偵』『事件だよ!全員集合』など20作品を数える。小淵沢在住。

「2022年 『ミルキー杉山のあなたも名探偵ガイドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉山亮の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×