かえってきた名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵)

著者 :
制作 : 中川 大輔 
  • 偕成社
4.38
  • (29)
  • (8)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 175
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033452500

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • チビ2号、移動図書館にて

  • [江戸川区図書館]

    「ミルキー杉山のあなたも名探偵」シリーズの第8巻。
    青いブランコ事件、これはじけんなの?事件、怪盗ムッシュまたまたあらわる

    またまた出てくるわかれてくらしている奥さん。この件に関してはやけに生々しい?シリーズだよな、ホント。
    この本で「"さぎ"って何?」ときいてきた小2の息子。そうか、詐欺なんて、しらないもんね。そして、「"いっそ"って何?」うーん、そういう言葉のニュアンスを伝えるのは難しい、、、でもそうやって「お勉強」や「暗記リスト」でなく、言葉や世の中を知っていくのはいいよね。私の説明で両方とも理解した&覚えられたかな?それとも"いっそ"暗記本で覚えたほうがいい?

    あらためて出版年月を見てみると、これまでは1-2年ごとに1冊発刊していたのが、ここだけ2000年から2004年と4年もあいてる!だから、「かえってきた」なのか??このシリーズ、頭につく言葉が収録内容の説明に少しなっているのかな、と当初は思っていたけれど、あまり関係を見いだせなかったから半分ゴロでつけているんだと勝手に納得していたので、ここの言葉も意味がないのかと思っていたよ(笑)この巻のあとは毎年1冊ペースで出てるんだな。それじゃ、やっとあと2冊とせまってきたところだけど、まだまだ完ではなく、また来年になったら出るのか。

  • 2016.7.4

  • シリーズ第8巻。「青いブランコ事件」「これはじけんなの?事件」「怪盗ムッシュまたまたあらわる」+ミルキー新聞収録。「青い〜」では、途中まで思い付いたが、証拠までは……(._.)「これは〜」では、めっちゃ考えたら何とか解けた(笑)また偽札なのかと勘違い、騙されやすい自分に危機感(ー ー;)「怪盗〜」は分かりやすかった。捕まってたボウズすすきだが上手く活躍して良かった〜。個人的にミルキー新聞が1番良かった。7巻から4年を経ての出版だったのね。きょうのきになるひと、では例のサラリーマンが取り上げられてました。

  •  子ども向けなんだけれど、大人が読んでもおもしろかった。

  • 面白かった。

  • 探偵ものが好きなので、オススメで~す♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

  • 20120210
    久々に学校図書館で借りてきた本

  • 探偵のはなしは、とってもおもしろい。

  • ミステリーで、あらすじを書くのは、読む楽しみを奪うようなもの。だから、ちょっとだけ内容がわかる程度にご紹介。この本には、二つの事件がはいっていて、それぞれが事件編、解答編にわかれている。事件編では、小さな子どもでもわかるように、おはなしの骨格だけで、
    成立しているカンジ。登場人物のキャラクターも、「ひかりものすきよ」さんとか「石頭けいぶ」とか、名前だけで、ばっちり理解できるようになっている。しかし、なにより作者の配慮が心憎いのは、解答編だろう。こどもは、ストーリーの中で「なぜ」を説明されても、なかなか理解しない。どこからどこまでお話なのか、答えなのかわからにままに流して聞いてしまう。事件編と解答編とハッキリとわかれていることで、子どもには理解しやすいし、何よりこの本が想定している読者層のなぞなぞ好きのこころを刺激し、読書する気のない子どもでも、ついうかうか読書させてしまう本だと思う。単行本であるのに、文字が少なく、各ページに必ず、大きく絵が描かれているところは、まるで絵本なのだ。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1954年東京生まれ。保父として、各地の保育園などに勤務。その後、手作りおもちゃ屋<なぞなぞ工房>を主催。中川大輔画伯との、探偵ミルキーシリーズは「もしかしたら名探偵」「いつのまにか名探偵」「あしたからは名探偵」「事件だよ!全員集合」など20作品を数える。小淵沢在住。

かえってきた名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵)のその他の作品

杉山亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする