ひるもよるも名探偵 (ミルキー杉山のあなたも名探偵)

著者 :
  • 偕成社
4.41
  • (40)
  • (17)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 401
感想 : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (149ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033453002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 私は、事件を解決するのがとても好きで、いつも名探偵の本を読んでいます。私も名探偵になれるのかなぁと思って読んでいます。事件を解決できるまでずっと考えています。もっともっとこの本を読みたいです。

  • 事件4の「園長先生の暗号」で園長先生があんな難しい暗号をつくって旅行を行かなかったら、
    こんな事件にならなかっと思います。
             

  • 暗号文大好き。暗号を解いた時の興奮してる姿がかわいい。

  • な ①20200211

  • [江戸川区図書館]

    「ミルキー杉山のあなたも名探偵」シリーズの第11巻。
    わんちゃんのレストラン事件、はまべのあしあと、どっちがひったくり?、園長先生の暗号

    「わんちゃんのレストラン事件」の出だしはまたしもシュール。読めば読むほど、別居中のシングルファーザーのミルキー杉山に変な現実感があって、この状況が作者の杉山さんと重なるのかどうか、とても気になる(笑)

    「はまべのあしあと」、「どっちがひったくり?」は謎ともいえない感じの話だったけれど、「園長先生の暗号」はなかなか考えさせられたな。

  •  今回は4つのお話が入ってます。
     全然分かんない、てほどではなかったけど、あと一歩が出来ない。
     惜しいとこまで行くんだけどなぁ。

  • シリーズ第11巻。「わんちゃんのレストラン事件」「はまべのあしあと」「どっちがひったくり?」「園長先生の暗号」収録。
    今回は4つもあって驚いた。「はまべ〜」と「どっちが〜」が分からなかった。「どっちが〜」の場合、事件編だけで特定できないのはどうなのか?と思った。おじいさんの聞き間違いも分かりづらい!「わんちゃん〜」は解決後のオチも分かりました、食べ物系は大抵まずいものが多いもんね(笑)「園長〜」はじっくりと考えました……。直ぐに解けなかったのが悔しい〜!ひかるくん凄いなあ。

  • (2013-08-25)

  • 食べられるえんぴつをぬすんだ人が意外な人だったので、びっくりした

  • たべられるえんぴつをつくってるところがたのしい。たべたい

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年東京生まれ。保父として、各地の保育園などに勤務。その後、手作りおもちゃ屋<なぞなぞ工房>を主催。中川大輔画伯との、探偵ミルキーシリーズは『もしかしたら名探偵』『いつのまにか名探偵』『あしたからは名探偵』『事件だよ!全員集合』など20作品を数える。小淵沢在住。

「2022年 『ミルキー杉山のあなたも名探偵ガイドブック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉山亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×