すみれちゃんのあついなつ (わたしはすみれシリーズ)

著者 :
制作 : 黒井 健 
  • 偕成社
4.00
  • (3)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (138ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033453200

作品紹介・あらすじ

「こたえのでないことなどたくさんある。なぜならそれは、世界がなぞにみちているからだ。」これは、すみれちゃんがついこのあいだよんだ本のなかにかかれていたことばでした。なんだかかっこいいので、たいせつなノートにかきうつしました。ものおもうすみれちゃんなのに、ママは、かりんちゃんのせわばかりたのみます。「やってられない!」すみれちゃんは家出をします!おしゃれでおしゃまなすみれちゃんが二年生になりました。小学校低学年から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すみれちゃんシリーズ。
    「すみれちゃんのあついなつ」「たなばたまつり」「もうじきなつやすみ」「すみれちゃんのなつやすみ」「すみれちゃん、家出をする」「すみれちゃん、家出ちゅう。そして・・・・・・」を収録。

    すみれちゃんは2年生。
    学校に行っていない妹がうらやましくなったり、将来の夢が出てきたり、お母さんと言い合いをしたり、ついに家出をしてしまったり・・・
    色々な思いをしながらぐんぐん成長している様子が感じられました。
    時々「ひげきてきなおねえさん」になるすみれちゃんがかわいい。

    >やっぱりあたしはいまがすき。

    娘達もそう思っていてくれたらいいなと思いました。


    すみれちゃんの気持ちがよく分かるのか共感しながら読んでいるようでした。
    物語に登場した湯葉の料理が食べたくなったようです。(長女小2)

  • すみれちゃん、すみれちゃんは1年生、すみれちゃんのあついなつ、すみれちゃんのプレゼント。の中で、教科書に載っている部分がここからだったかな。2年生のすみれちゃん。

  • 小学2年生の気持ちがとてもよく表れていると思う。

  • おしゃまなすみれちゃん、2年生になりました。
    たのしみな夏休み、すみれちゃんは、妹の世話をママに頼まれて、
    なんだか「ひげきてき」な気分です。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

神奈川県生まれ。『五月のはじめ、日曜日の朝』で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞を受賞。『皿と紙ひこうき』で日本児童文学者協会賞を受賞。絵本、児童書、YAなど、翻訳、創作ともに著書多数。

石井睦美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒井 駒子
A.トルストイ
にしまき かやこ
なかがわ りえこ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする