それいけ! ぼっこくん

著者 :
制作 : 小松 良佳 
  • 偕成社
3.77
  • (3)
  • (5)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (94ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033453903

作品紹介・あらすじ

タマネギ頭のぼっこくんは、「家のまもり神」です。ぼっこくんは、くらやみにひそむ小さい妖怪「チミモー」たちを探して退治するのが仕事です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【図書館】ぼっこって、田舎の家にしかいないものと思っていたけど、町のマンションにも住みつくものなのね。楽しいお話でした!

  • 絵がかわいい。
    絵本なみに挿絵があり、楽しく読める。

  • とってもかわいらしいけど頼もしい守り神です。

  •  ぼっこくんは、家の中に入りこもうとする妖怪を追い払う神さま。長い間暮らしてきた家がなくなり、町のマンションへお引っ越しすることに。

  • ぼっこくんは家の守り神です。古い家を守っていましたが、家主が死んでその息子が住んでいるマンションへ移ります。マンションで新しい家族を守ろうとするぼっこくんは魑魅魍魎をはきちらしますが、魍魎のおやぶんがやってきます。
    富安さんの物語ですが、会話文から始まって読みにくい。エピローグから世代が変わっていることも分かりにくい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

富安 陽子(とみやす ようこ)
1959年、東京都生まれの児童文学作家。和光大学人文学部卒業。25歳でデビューし、1991年『クヌギ林のザワザワ荘』で日本児童文学者協会新人賞、小学館文学賞、1997年「小さなスズナ姫」シリーズで新美南吉児童文学賞、2001年『空へつづく神話』で産経児童出版文化賞を受賞。『やまんば山のモッコたち』がIBBYオナーリスト2002文学作品に選出される。『盆まねき』で2011年、第49回野間児童文芸賞、2012年、第59回産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。
受賞作のほか、「シノダ!」シリーズ、「内科・オバケ科ホオズキ医院」シリーズ などの代表作がある。

富安陽子の作品

ツイートする