うちにパンダがいるよ

著者 :
  • 偕成社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784033501406

作品紹介・あらすじ

北の町にすむ5歳のかなちゃんは、パンダのぬいぐるみ「パンパン」ととってもなかよし。
大雪がふったある日、かなちゃんは大きな雪だるまをつくって、赤いマフラーを巻いてあげました。
すると、その夜、だれかが窓をたたきます。パンパンがその音を聞いて、カーテンをあけてみると、そこにいたのはあの雪だるま。「おはなししようよ」そういってパンパンは雪だるまをまねきいれ、あたたかい部屋で楽しくお話しをしました。かなちゃんはなにも知らず夢の中。
つぎの朝、部屋の床がぬれていて赤いマフラーがおちています。かなちゃんは「これ、ゆきだるまにまいてあげたんだけど」とふしぎそう。
長年、福音館書店の編集者として数多くの名作絵本を手がけてきた唐亜明と、あざやかな色彩と親しみのある線、ユーモラスな表情で人気の絵本作家・イラストレーターの高畠純が織りなす、かわいくてふしぎな、ひみつのお話です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • パンダのぬいぐるみの「パンパン」
    意外とアグレッシブだ!
    でも私は、高畠さんが描く「犬」が好き(笑)

  • 【所在、貸出状況の確認はこちらから↓】
    https://library.morioka-u.ac.jp/opac/volume/288346

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

唐 亜明 とう・あめい
1953年、中国北京市生まれ。新聞記者を経て中国音楽家協会に勤務し、日本の歌の訳詞に従事する。1983年に来日。早稲田大学文学部を卒業後、東京大学大学院総合文化研究科修了。福音館書店の編集者として定年まで勤め、多くの絵本を手がける。作家としても活躍し、おもな著書に『ビートルズを知らなかった紅衛兵』、『さくらの気持ち パンダの苦悩』、『翡翠露』(開高健賞奨励賞)、絵本の文章に『ナージャとりゅうおう』(講談社出版文化賞絵本賞)、「西遊記(全3巻)」などがある。現在は中国の児童書の出版社の編集長を務めている。東京都在住。

「2021年 『うちにパンダがいるよ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

唐亜明の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×