きえた権大納言 (今昔物語絵本)

制作 : .. 
  • 偕成社 (2010年9月15日発売)
3.75
  • (3)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034272206

きえた権大納言 (今昔物語絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前述した紙芝居「鬼のつば」の、こちらは絵本化。
    表紙画像で分かるかもしれないが、色合いがぐっと鮮やかになっていてそれはカラフル。
    対象年齢を見ると低学年からとなっているが、それにしては文章の難易度が高い。
    その上長いため、約10分かかる。
    「鬼」というだけで怖がる低学年の子に、この長さはどうかなぁということで星3つ。

    面白いのは、「陰陽師」が最初から登場している点。
    (そういえば話の舞台である「一条戻り橋」の傍には「晴明神社もある。)
    紙芝居ではお坊さんが密教の真言を唱えて「鬼のつば」を霊力を取り除いたが、こちらは陰陽師の仕事になっている。
    一番肝心なのは、透明な存在になったことの苦悩と、見えないからと悪事を働こうとする己の心との葛藤の場面なのだが、この絵本ではほとんどゼロに等しいほどそれは描かれない。
    これまた「これでいいの?」である。
    小さな子であっても、そこは省いたらまずいんじゃないんですか?

    しかし、古のひとの書いたお話というのはどうしてこんなに面白いのだろう。
    こうなったら何としても今昔物語を読まねばと、改めて思うワタクシであるよ。

  • ★★★★★
    百鬼夜行に出会った権大納言。
    鬼にツバをはきかけられて・・
    のんきな大納言が、さすがに困っている様子が面白かった
    (まっきー)

  • 今昔物語巻十六におさめられている説話をもとにした絵本。キーワード
    鬼 陰陽師 平安時代 お姫様

  • 元の話を読んでいない。
    見えない状態から元に戻るところが謎だが、楽しい。

  •  「オニのおはなしよんで!」とM3が妙に気に入っている。
    あいかわらず、のんきな権大納言がいい味を出している。絵もふんわりとしているので、子どももそんなに怖くないのかも。
    この時代の絵本はなかなかないから、楽しい。
    「ぼくだったら、女には近づかないよ。変でしょう!」(S7)

  • 2011年7月25日

    装丁/タカハシデザイン室

  • 鬼につばをかけられたために、すがたが消えてしまった権大納言。とんだり、はねたり、大声を出したりしてみても、だれにも気づいてもらえません。

全7件中 1 - 7件を表示

ほりかわりまこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
くすのき しげの...
tupera t...
ジョン・クラッセ...
くすのき しげの...
みやこし あきこ
フローレンス ス...
マージェリー カ...
ポール・フライシ...
ヨシタケシンスケ
川端 誠
蜂飼 耳
ユージーン トリ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする