赤ちゃんおばけベロンカ

制作 : フランツィスカ・ビアマン  若松 宣子 
  • 偕成社 (2011年7月20日発売)
3.63
  • (2)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (110ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034313701

作品紹介

ヨッシーは、とってもこわがりやの男の子。いつも妹のミッツィにばかにされています。ある日、ミッツィをこわがらせようとおばけ人形をつくったところ、その人形が、ひょんなことからしゃべりはじめてしまったのです!小学校低学年から。

赤ちゃんおばけベロンカの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 妹を怖がらせようとつくったら生まれたかわいらしいおばけの様子がほほえましいです。

  • こわがりで工作好きなヨッシーは、「びくびくうさぎおにいちゃん」とばかにする妹を怖がらせようと、おばけの人形を作ったが、、、

    冒頭でのヨッシーがうちの子とそっくりで、手にとった一冊。
    絵もかわいくて、ストーリーにひきこまれあっというまに読みました。
    ちょっと字が多めの本に挑戦したい3,4年生におススメ。

    英語多読中の私は、原書で読んでみたい。
    と思ったらドイツ語?でした、残念。

  • ★★★☆☆
    こわがりなお兄ちゃんヨッシーは、怖いものなんてない元気な妹を驚かそうとシーツでおばけを作ります。ところが呪文を唱えるとそのぬいぐるみが動き出して??
    赤ちゃんおばけは、妹を驚かせられるかな?!
    お父さん・お母さんの気持ちで読んでくれそう^^
    (まっきー)

  • ヨッシーは恐がりやの男の子。怖い物知らずの妹ミッティーを怖がらせようと、オバケの人形を作ってみました。ところが、そのオバケ人形、ヨッシーが何気なくいつも言っている言葉「バーベロンベロンカ」から命をふきこまれて、動き出してしまいます。赤ちゃんオバケ、名前をベロンカの誕生です。
    ベロンカは生まれたばかりなので、何にもわからない、ひとりじゃさびしいと言ってはヨッシーを困らせます。でもヨッシーも、ベロンカが大好きになっていきます。

    オバケと友達に!しかも、手作りの!
    ベロンカの作り方も 載っている。

    ネストリンガーの楽しいお話。

  • 子どもの頃はいつだって、こういうものに憧れるもの。

    何かを作って、自分の作ったものが動きだすなんて素敵だと思うの。

  • 我が家でもベロンカをつくる事に...
    赤ちゃんのときの靴下を利用。でも丁度良い手袋がないなぁ
    -----
    2012-10-01:再読
    我が家でもベロンカをつくりました。 やっと完成。 小さな声で、呪文を三回となえている娘。 頭のどこかで、ものがたり、だとわかっていながら、どこかでベロンカが目を覚ますのじゃないかと信じている様子が伝わり、こちらまで切ない気持ちになりました。

  • しっかりものの妹と少し自信のない兄というのは
    どこの国にもいるものなのか・・・笑

    人形遊びをできる子じゃないと
    この世界はわかりにくいかも・・・

  • こわがりのヨッシーは、何があってもこわがらない妹ミッツィをおどかそうと、おばけの人形を作った。ところが、なんとなく言った言葉が呪文だったらしく、その人形が「やあ」と言って動き出したんだ。なんだかおかしなことになったけど、これで妹はふるえあがるぞ! 

  • 中学年向け。

  •  絵が可愛いのと、ストーリーがほのぼのしているのにやられます☆ほんのちょっぴり成長した主人公ヨッシーを見ていると、なんだか心が洗われます♪

全10件中 1 - 10件を表示

クリスティーネ・ネストリンガーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ひがし ちから
くすのき しげの...
岡田 よしたか
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする