えんぴつはかせ

著者 :
  • 偕成社
4.44
  • (10)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034360606

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 泣けた。

  • 母としては、勉強嫌いな娘に欲しい!えんぴつ”はかせ”です(^_^)
    この本の男の子のように楽しんで勉強できるようになってくれればなぁ〜(*^_^*)

  • 最近カタカナもかきはじめた5歳の兄に。
    ちょうどいいのは小学校1年、2年くらいかな?宿題やらなきゃってかんじのこども向け。

    えんぴつがどんどん答えを書いていってしまってそれにまけじと主人公が勉強するようにというよりもえんぴつと競争しながら楽しく勉強していくお話。
    でもえんぴつはどんどん短くなっていくから…最後がなんだかさびしい。
    そんなちょっとさびしい気持にもなるお話。
    でもいいおはなしでした。

  • もっといろんなこと知りたい、えんぴつは大切に使おう、って改めて思ってくれるみたい。

  • えんぴつが喋って動く?!信じられない気持ちのまさるだったが、そのえんぴつ=はかせ と共に勉強の楽しみを得ていく。算数・国語もっともっと!はかせの要求に従い、知識をどんどん得ていくまさるだが、はかせがどんどん短くなっていき・・・・。ほんのり切ないけれど、希望に満ちたお話。

  • 絵はぜんぶ切り絵だそうです。
    すごいなー。

  • ちょっと見た感じ、小さい子向けの本じゃんっ!って思った??
    「小学中級から」ってあったでしょ。
    だから、3年生や4年生のきみたちから、ってこと。安心して読んでね。
    ちょこっと、裏表紙から引用してみるね。
      ぼんやりしていた だけなのに、きがつくと もんだいが とけていた。
      きっと、ぼくって<天才>だったんだ!
      と、おもったのに、あれれ、びっくり
      こたえをかいたのは、ぼくじゃなかった!。。。大好きな本です。読み聞かせ10分では無理かな?お布団の上での読み聞かせにもいいと思う。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1967年、愛知県名古屋市生まれ。
三重県四日市市にある子どもの本の専門店メリーゴーランドが主催する「絵本塾」で絵本創作にとりくみ、2000年にデビュー。
作品に『やさいりょこうえん』(偕成社)、『きみのえほん』(文溪堂)、「おかあさんのパンツ」シリーズ(絵本館)、『いろいろたまご』(くもん出版)、『だっこでぎゅっ』(ひかりのくに)などがある。

「2018年 『どろんこ だあれ? あてっこ びっくり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山岡ひかるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 マキ
くすのき しげの...
ダニエル カーク
ユージーン トリ...
室井滋
tupera t...
長谷川 義史
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする