ぎふちょう

著者 : 舘野鴻
制作 : 舘野 鴻 
  • 偕成社 (2013年6月14日発売)
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (40ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784034370605

作品紹介

1年の寿命のうち約10ヶ月をさなぎとして過ごすギフチョウ。まわりの林で起こる生きものの営みを美しく緻密な絵で描く。『しでむし』作者の新作。

ぎふちょうの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。

    幼虫の状態で2か月活動した後、蛹の状態で10か月もの期間を過ごし、わずか10日だけ蝶として飛び回り卵を残す、という不思議な生態を持つ蝶の絵本。
    蝶としての姿は美しく、葉上ではなく地上で過ごす幼虫の生活も面白いけれど、本作で印象深く、また紙幅も割かれているのはのはむしろ、地味なはずの蛹の時期だ。夏が秋になり、冬が来て、春が訪れるまで、蛹はただじっとそこにあり続ける。蛹を前景に、背景に、周りの生き物たちは生活し、生き物を食い、食われていく。あくまでギフチョウの生態を追う本であるからか、周りの生き物たちの生死は言葉でもっては語られない。しかし、カタツムリやマイマイカブリやヒキガエルが命を巡らせる様子は、鮮やかに彩色されて描かれている。
    前作『しでむし』は背景の多くを敢えてモノクロにすることで、主役となるシデムシやアカネズミを際立たせていたけれど、今作は、背景や、ギフチョウ以外の様々な生き物たちも、鮮やかに彩色されている。ひとつには、蛹が季節の移り変わりの中で、それでもそこに変わらずあることを効果的に示すため、背景の色を強調しているのだろう。そして、主役となる生き物が彩色されていると考えるなら、今作での主役は単にギフチョウに留まらず、それを取り巻いて命を巡らせる生き物たち全体に広がっているといえるのかもしれない。

  • ★★★★★
    ギフチョウを取り巻く生態系もふくめての卵からの成長を描く。
    (まっきー)

  • 読み聞かせ 5分
    遠目がきかないページがある。
    どこにぎふちょうのサナギがいるのか指差しながら読んで、5分くらいです。読み聞かせするなら、少人数がよいと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

舘野鴻の作品

ぎふちょうはこんな本です

ツイートする